FC2ブログ

地元の神社を巡りました

暖かな新年 
 一昨年の秋、愛犬・茶介クンが亡くなり、昨年のお正月はカット・・・
 今年は、義理の姉妹・子供も不調で、元気なのは孫だけと・・・

 で、お正月の準備はゼロ。

久しぶりに、地元の神社を巡ってみようかと、お屠蘇をいただいた後、「かみさん」と。

愛宕神社 小さな祠と言ったほうが良いかも。
20190101愛宕神社q 

20190101愛宕神社

八柱神社 何年か前に「説明板」を直しておられたが・・
20190101八柱神社 

20190101八柱神社あ

最後に「網掛村」と昔の村名であるのが印象的
20190101八柱神社v 

春日神社 こちらは「東吹村」となるのかな
20190101春日神社 

二村神社 西吹

 篠山市内にある「二村神社」の一つ
  ここの二村神社は【馬具】だそうである。
篠山市のHP>民話と伝説 たんなん
https://www.city.sasayama.hyogo.jp/minwa/tannan/mdt019.html
20190101二村神社a

 先の台風被害がひどかった感じ・・・
20190101二村神社 

この参道で見かけました。気になった!!!
20190101 二村神社c 


調べたら(思い出しながら)、ブログしていた。それ以来の参拝となった・・・
 2016.3.10のブログ  
 http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-769.html

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

2018(平成30)年 篠楽=【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の思い出

いろいろと楽しみました。仲間の方、それぞれの思い出があるでしょうが、何といっても長野県に連れて行ってもらったこと。

安曇野の『リンゴ狩り』11月15-16日
写真編集りんご 
リンゴを捥ぎるのを初めて体験。鋏を必要とすのかと思っていたら、なんとちょっと向きを変えるだけで、「ポロっ」と取れた。。。

往路で「馬籠・妻籠」に寄っていただいた。若い時から一度行きたいと思っていた宿場町で、堪能できた。。。。何と言っても、運転していただいた仲間の3人に感謝。



2018年1月10日の定例の「集い」は、篠山市の文化施設4館を巡ることから始まった。
2018-01-10 四館巡り 
寒い一日であったが、「歴史美術館」「デカンショ館・青山歴史村」「篠山城大書院」「武家屋敷通りの安間家」
係の方に大変お世話になった。(「ボランティアガイド【ディスカバーささやまグループ】」の一員として、観光客の方を何度か案内させていただいたのですが・・・・)

毎月10日を「集い」の日として、市民センターやいろいろな場所(公民館・集会所・学校・お寺など)で開催。ゲストとして仲間の知人にいろいろなお話も聞かせていただいた。9時30分開始を原則として12時ころまで。中途参加もあれば、時間の都合で中途で退席もあり。参加費100円(家族単位)
写真編集集い 


 天気が悪くなければ、午後は希望者で《丹波篠山をぶらり散歩したい(隊)》
写真編集ぶらり 
 10日の午後とは別に、日時を決めて行うことも(集いの時に5人以上の賛同者がが原則)


写真編集畑 
天候に振り回される一年であったが、何とか、「黒枝豆・青大豆」の収穫ができた。
 「無農薬青大豆の手作り納豆」 毎年「市民センターまつり」で披露する。
一番の楽しみは、「畑作業」後のうどん!! 『風輪里』さんで。



 寂しいことに、草山観音湯のコースが閉鎖されるとのこと・・・
写真編集GG 
優勝者に提供していただいた『郡家ピザ』のランチ。
 


いろいろなことにチャレンジしました。
写真編集チャレンジ 
先にも書きましたが、集いの時に提案があり、5名以上の賛同者があれば、いろいろと工夫して楽しくチャレンジ!!!


市外に出かけたこともありました。
写真編集市外 
今年は、こうした予定日に天候に恵まれたこともあり、楽しい旅(!?)を体験しました。

市外。何年か前に、この廃線跡を計画して、「桜」を見に行く予定が、雨天で延期、毎月のように延期、とうとう夏に汗を流しながら歩き、トンネルの涼しさと、最後のビールのうまさが格別だったことがありましたが、今年は「秋」を体験。
写真編集廃線 



最後にまとめてみました。
 いろいろな団体さんが主宰されるイベントに参加。
写真編集イベント 


楽しい企画の提案と、各地・各団体さんなどの情報を得て、一年間いろいろと楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

手作り青大豆納豆!【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の《大芋(おくも)で無農薬に挑戦したい(隊)》で収穫分

いよいよ収穫した、「無農薬青大豆」で『手作り納豆』に挑戦。
 ここ数年、これが一つの楽しみに・・・・

①まず豆をよく洗い、水に浸し寝かせます。途中で水は変えます。一昼夜。
   写真は、水につけたところ。だんだん膨らんできます。
DSC_0980a.jpg  
②蒸します。圧力鍋でやるのが簡単ですが、普通の蒸し器でも大丈夫。DSC_0982a.jpg

③ 適当な柔らかさになるまで・・・。そのまま食べても美味しいくらい。 DSC_0983a_2018-12-24_18_15_54.jpg 
④ 『納豆菌』。市販の納豆菌を購入するのが簡単かも・・・・
    もしくは、市販の納豆(この場合、以前に作った「赤大豆納豆」)を利用して、『納豆菌』を取り出します。食べるときと同じように、よく混ぜます。DSC_0984at.jpg

⑤ ぬるま湯を、④の納豆にかけます。ドロ~ッとした状態になります。これが納豆菌。
   その納豆によって、良い(美味しい)納豆菌が取れるのかも・・・ですが、量は適当に。。。
DSC_0986a.jpg 
⑥ 蒸した「青大豆」をボールに取りだし、冷まします。熱すぎると、「納豆菌」が死ぬとのこと・・・
DSC_0985a_2018-12-24_18_20_03.jpg 
⑦ 今回はトレーに「すのこ」がついているのを購入して使ってみました。余分の水分を取るため、下にキッチンペーパーを敷きましたが、普通のトレーで良かったかもです。
DSC_0987a_2018-12-24_18_20_41.jpg 
⑧ 「青大豆」がそこそこ冷えてきたら作業開始です。
  ⑤の段階の「納豆菌」用の「赤大豆」を取り出します。(もちろん食べれます!)
DSC_0988a.jpg 
⑨ ボールに入っている「青大豆」に⑧で分離した「納豆菌」の水溶液(!?)をかけて、十分にシャッフルしてください。なんとなくぬるっとした感じなります。
  それを、タッパーに入れます。この時、容器の割に量が多いと「重ねすぎ」になりますので、最初に適当な量を決めることが肝心かもです。
DSC_0989a_2018-12-24_18_21_11.jpg 
⑩ 「青大豆」の上に、キッチンペーパーを被せます。
    これは正味、余分な水分を取るため。この時、タッパーの蓋はしません。
DSC_0990a_2018-12-24_18_21_37.jpg 
⑪あらかじめ用意した、発砲スチールの中に、「湯たんぽ(もしくはペットボトル)」にお湯を入れ、そこに⑩のタッパーを入れ、寝かせます。
DSC_0992a_2018-12-24_18_22_13.jpg 
⑫ タッパーの蓋はしませんが、発砲スチールの蓋はします。
DSC_0993a_2018-12-24_18_22_43.jpg 
⑬ バスタオルか何かで包み、保温状態を気にしながら、『おやすみなさい!!!』
DSC_0994a.jpg 
⑭ 翌朝、ソ~っと覗いてみました。 もう少しかな?! ちょっと皴が出てきて、粘りそうな気配で、もう一に寝かせることにしました。
DSC_1000a_2018-12-24_18_23_05.jpg 
⑮ 湯たんぽの入れ替えも・・・DSC_1001a_2018-12-24_18_23_28.jpg 
⑯ もう一度、『おやすみなさい!』
DSC_1002a.jpg 
⑰ 『起きなさいよ!!』 まぁあ、完成ということで、発酵を止める意味で、「冷蔵庫」に。
  容器は移し替えました。
DSC_1004a.jpg 
⓲ いよいよ、楽しみな『食』タイム!!
   なぜか、孫は市販の納豆をよく食べるのに、我が「手作り納豆」は食べたがらない・・・
    「醤油」が原因かと・・・・、市販の納豆の「たれ」をかけても、もう一つ反応が・・・
     「おおきさ」か・・・いろいろ思案したが、やっと気づいたのが今回。
    成分表(!?)を見たら、「砂糖」が!!!!!

   で、試しに、「砂糖」を少しかけてみた。    
DSC_1006a.jpg 
⓳ そして、濃縮の「めんつゆ」にしてみた。
DSC_1007a.jpg 
⓴ よく混ぜて・・・。さらに大人用にちょっと「練りからし」を。
DSC_1008a.jpg 
㉑ 完成!! 見た目には「粘り」が出なかったのですが、味はまぁ、素人としては合格!!
   「練りからし」を抜いて、孫に出したら、「またか!?」という感じで口にしてくれ、そのあと、スプーンで自分ですくって食べてくれました。三歳の孫も、やはり「砂糖」の味に慣れているのかと‥‥。少々戸惑い気味の時間でした・・・・
  DSC_1009a.jpg 
  ---反省点・・・。「納豆菌」をもう少し「上手に、多めに」取ることが大切かなと。。。

*****

20190108追記
  今年になって、「白大豆」で挑戦し、美味しく食べました。
 ⑦の「すのこ」はせず、かつ底に「キッチンペーパー」もせず!!
   このほうが良いと思います。。。。
白大豆納豆 
 右下の写真は、発泡スチールの箱の中で寝かした状態(上に「キッチンペーパー」をかけただけ。。
 右上は完了した納豆の発酵を止めるため冷蔵庫に入れるため、容器を入れ替えた。
 左はかき混ぜた納豆に醤油をかけ、さらにかき混ぜて、食べる直前。

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

当野鉱泉址を!!

篠山城の石垣で有名な篠山市当野地区

 その当野地区で、10日に【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の集いを開いた。

お世話になった徳円寺さん、酒井藤明さん。


2018.4.10ブログ:浄土宗・徳円寺で【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の集い
http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-882.html


 そして酒井さんに、後日連れていってもらった。

  何年ぶりかと言われていた。


当野鉱泉址

2018.4.10ブログ:「当野」 篠山城の石垣
http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-855.html



かつて大雨で山が崩れ、土砂が高速道路を塞いだほど被害があったとのこと。

 地元の役員だった酒井さんは大変苦労されらと‥‥

---ネットで検索していたら、情報がありました。

 Book1 (448x337)


酒井さんに遅れないようについて、やや傾斜のキツイ斜面を登ると、その土石流対策のダムがあった。


2018-04-16 004 (448x336) 


一歩一歩思い出されるように、慎重に案内していただきながら、「鉱泉址」に到着。


2018-04-16 012 (336x448) 


土で埋まっていて、昔はもっと深かったとのこと。。用意していただいた懐中電灯を照らしてもらい、中を覗かせてもらった。


 むかしは、蝙蝠がすんでいたから、今でもきっといるだろうと・・・


2018-04-16 009 (336x448)


鉱泉址」だから、きっと、昔は何か鉱石を掘っていたのかも・・・


 しかし、この山の斜面で、不思議な感じが。。。

  下の方に若干、平坦なところがあり、そこがベースだったのかと・・・


もしも、現在のJR線(当時は阪鶴鉄道)が、当初予定通り、当野地区を通過していたら・・・・いろいろ想像。。



そして、更にもうちょっと行ってみようと・・・


洞窟」!!


2018-04-16 037 (245x448)


2018-04-16 014 (331x448) 


奥には二体祀ってあった。


2018-04-16 015 (448x336)



自分より、ウンと先輩にあたるのだが、元気そのものの酒井さんに感謝。


無事下山した。。。

 



22日。【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間と一緒に。

 

2018-04-22 005 (448x336) 


2018-04-22 023 (448x336)


31062161_877086339130914_4777911796927299584_n (448x299)


更に、つい先日のことながら、連れてきてもらった道を思い出しながら・・・・

2018-04-22 025 (448x336)


31084146_877086522464229_6596627376434577408_n (448x299) 


帰路、ちょっと大きな岩に登ってみようかと・・・やめた・・

2018-04-22 026 (448x336) 

  ---どこまでも続きそうな岩。だけど、その上に木が茂り、迷路みたい。。


短い時間の「探索」だったが、地元に迷惑が掛からないように、事前に連絡もして入山させていただいた。



テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

『雨石山(連山)』に自生(群生)する『ヒカゲツツジ』

ヒカゲツツジ

 小原地区の雨石山(連山)

2018-04-13 017 (448x336) 

  ネットで調べると、

日陰に多く生えることに由来するが、日陰だけに生えている訳ではない。別名のサワテラシは山地、河岸の岩場に生えることに由来する。シャクナゲに近い形態をしており、ツツジの名が付くが実際は有鱗片シャクナゲに分類されるべきものである。

芋ふるさとネットヒカゲツツジ情報-雨石連山2018(その6)
http://okumo-net.sasayama.jp/modules/gnavi/index.php?lid=606



 10日の【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の集いで、雨石山連山のヒカゲツツジ観賞登山の提案があった。

 地元の前田さんにお世話になることで、10時出発ということで決まった。

  当日は4人となり、もう少し参加者があるような雰囲気だったが・・・(笑!)

雨石山  (317x448) (2) 雨石山  (448x437)



10時過ぎ、登り始めた。

2018-04-13 001 (448x335) 

右には、「滝」が・・・

2018-04-13 042 (448x330) 

  鳥取市からのグループは、「滝」もと。。

   自分たちは、今回はヒカゲツツジを目指して・・・


 頑張って登ると、「毘沙門窟」への分かれ道。

  左の道を、ただひたすら。

  枯葉と石で登りにくいが・・・


 「ミツバツツジ」が出迎えてくれる・

2018-04-13 005 (448x332) 

とりあえず、一つ目の山につき、休憩。。。

 「丸山」国道から見えている山だそうだ・・・

2018-04-13 007 (448x319)



ところどころに道しるべがあり、ホッとする。

2018-04-13 008 (448x336) 


大きな岩が…さしずめ「二つ岩」かな(笑!)

2018-04-13 009 (448x312) 


二つ目の山「毘沙門山

 毘沙門窟の頂上にいるのかと思うと、「不敬」かとも・・

2018-04-13 010 (448x336) 

2017.01.03 篠山三大毘沙門窟 小原の毘沙門窟に1月3日・初寅の日 参拝
http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-810.html


2018-04-13 012 (448x332) 

ーーー鉄塔の向こうに見える山が目標の山だと・・・


2018-04-13 013 (448x315) 

岩場がたくさんあるのだけれど・・・


2018-04-13 014 (336x448) 


岩の下にヒカゲツツジがたくさん・・・


眼下には藤坂地区が見えた。


2018-04-13 016 (448x332) 

この案内板は、かつて、一人で入山された方が、下山途中に道に迷われたことで、設置されたとのことだ。


2018-04-13 018 (329x448) 


ヒカゲツツジが登る道の両側で歓迎してくれている。

 --風が強かった。。


2018-04-13 019 (325x448) 


岩場を越えると、いよいよ。。。


2018-04-13 020 (330x448) 


2018-04-13 023 (336x448) 


2018-04-13 024 (448x336) 

 記念写真を撮ったつもり・・・・・


2018-04-13 025 (448x330) 

背景の山は『八ヶ尾山』。

  2015.4.25 団体さんを案内して登りました。眺望の開けた山。

2015-04-25 033 (448x252) 

ーー篠山の山では珍しく、頂上から360度見渡せる・・

 


2018-04-13 029 (448x336) 

もうホンマ、ヒカゲツツジのトンネル。。。

2018-04-13 047 (252x448) 


頑張って、やってきました。

 『岩尾峰


2018-04-13 030 (307x448) 


もう少し進むと「雨石山」だそうだが、・・・

2018-04-13 032 (448x329) 

100mばかし進んで、ヒカゲツツジを見ながら、東方を写す

  この向こうに『雨石山』・『櫃が嶽』

   2015.1.13 この年の干支は「羊」で、地元で「羊が嶽」とも言われるので登った。

    その時、この向こうに『雨石山』があるのだと頂上で聞いた記憶が・・・

P1130335 (448x336) 

--ブログを書いたような記憶もあるのだが、不明・・・



2018-04-13 035 (336x448) 


2018-04-13 036 (448x335) 



戻って、横山さんの美味しいコーヒーをいただき、記念写真。少しだけ、ヒカゲツツジを背景に。。。

2018-04-13 038 (448x319) 


2018-04-13 039 (448x336) 2018-04-13 041 (320x448)


下山するに、結構な勾配を感じながら、写真は封印して、滑らないように・・・。

 足はクタクタ、膝はガクガク。笑っていた。


でも無事下山。

2018-04-13 044 (448x311) 

3時間の行程だった。。。 


早速「風輪里」さんでうどんを。。

 カレーうどんで温もった。

2018-04-13 046 (448x315) 


テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

プロフィール

茶介

Author:茶介
【《篠山スマイルくん》の『丹波篠山』気まぐれガイド】のブログ名を2019年から変えました。
是非、篠山においでください。

カテゴリ
検索フォーム
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR