弥勒堂 篠山市川北地区

以前から車で走っていて気になっていた・・・
川北地区の『弥勒堂

先日、【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の恒例のイベントの一つ、《大芋(おくも)で無農薬に挑戦したい(隊)》『味噌仕込み』の時(終わった時)、川北地区で交代で「もり」をされているのだと知った。。

分厚くファイルに綴じてある写真などを見せてもらった。

大圓寺』と『弥勒堂』の関係が・・・
その歴史というか伝承がまとめられていた。
 毛筆で書かれていたが、それは読めないので、書き下してある文書を読ませてもらった。

ーーー『大圓寺
DSC09891 (328x448)  

DSC09895 (448x322)

この寺の敷地は「土居ノ内」の跡と「多紀郷土史考」に書いてある。
 周りは堀のあと・・・と。

篠山市の「歴史文化基本構想」の中にも・・・
154 川北 (4) (448x208) 

154 川北 (3) (448x238) 

 DSC09894 (330x448)

DSC09893 (448x332) 

源平の時代、義経ではなく、義経を語る盗賊の被害でお寺が燃やされた・・・
 その後、せっかくの復興したものの、明智の赤井攻めの時、兵火にあったと・・・

元禄二年、大圓寺の檀家である川北の山本杢右衛門という人が、弥勒菩薩像を背負い、諸国を5年間も周り、辻堂を再興したと。。。

弥勒堂の中に「頓至善久禅定門」との法名の位牌が祀ってあるとのこと・

ーーー『弥勒堂
DSC09900 (448x330)

「多紀郷土史考」では「後堂」とある。
  正面が南側にあって、参拝するには街道から東側を廻って・・・で、不便さもあって、東に正面としたとか・・・

 DSC09898 (448x330) 

DSC09897 (448x288)  

お堂の前に石塔がある。
これについて、「八幡太郎頼義が大将軍として**」と先の文書にあるが、ともかく「源頼義」が奥州の安倍軍鎮圧のため、1051年「陸奥守」更に「鎮守府将軍」として下向したときのもの、そして1075年他界した時のものだと。。。
DSC09896 (336x448) 

DSC09899 (328x448)

「源頼義」は河内源氏の第2代棟梁であるから、文書の中はともかく、熱心な「石清水八幡宮」の関係だろうか・・・

このお堂の北に杜があり、神社があるが、「春日神社
DSC09902 (448x327) 


川北の弥勒堂 (2) (448x326) 

きっと、昔は近くに『八幡さん』が有ったのだろう・・・・

 その「弥勒堂」で、毎年、地区の方が交代で《守》をされているという。

その写真を見せていただいた。

 毎年2月11日のことで・・・

DSC09889 (448x330) 

蕎麦を育てて、その茎を束にして台座を作り・・

DSC09890 (448x330)

竹をさして飾り付ける(失礼な言い方かも・・・)
 祭礼(!?)が終わり、引継ぎが終わると、みんなで一斉にその竹の枝を取り合うのだとか・・・
  豊作の縁起物になるのだとか・・・

昔は、蕎麦を育てておられたのかもしれない・・・
   ーー今は「川北の黒豆」として、あまりにも有名だが!!!

図書館で探したら、平成10年編集の冊子があった。
 西紀町編集の「にしきの歳時記
にしきの歳時記 (320x448) 

この中に、「弥勒当」の記載があった。
②にしきの歳時記 (2) (324x448) 
にしきの歳時記③ (310x448) 

参考に


もっと、長老の方々にお話を聞いてみたい・・・。。。


 
####2017.3/31追記
 「西紀町史」で探してみました。
   春日神社(p731)
           「神社明細帳」に明治42年2月14日」合祀した中に、「村社八柱神社」・「無格社稲荷神社」に加えて、「無格社八幡神社」とあり、元の場所は不明であるが、「弥勒堂」の近辺にあったかも・・・・

####2017.5/25追記
丹波(篠山市・丹波市)のむかしばなし 第8集 川北の後堂 (1) (316x448) 丹波(篠山市・丹波市)のむかしばなし 第8集 川北の後堂 (2) (323x448)丹波(篠山市・丹波市)のむかしばなし 第8集 川北の後堂 (3) (309x448)

 
 

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR