磯宮八幡宮を見学(面白ゼミナール)

 磯宮八幡宮』を案内していただいた。
10月21日(火)
 篠山市公民館主催の「面白ゼミナール」。
  小山さんが講師。
 畑尾宮司にいろいろ説明をいただいた。
PA210420 (336x448) 

PA210431 (448x331) 
篠山市のHPに『仏像と裸かや』  

磯宮八幡神社(日置)


PA210422 (336x448) 

PA210423 (325x448)

PA210424 (326x448)

PA210425 (448x336) PA210426 (448x331) 

 多紀郷土史考」 に記載がある。
   由緒によれば、承平3年(933年)山城国男山(京都府・岩清水八幡宮)より此地に分霊を勧請せし時、末社五十神御供せしにより五十宮《又磯の宮とも書く》と称し、・・・・・

 59代宇多天皇(うだてんのう、貞観9年5月5日867年6月10日) - 承平元年7月19日931年9月3日))
           在位:仁和3年8月26日887年9月17日) - 寛平9年7月3日897年8月4日))。  
 60代醍醐天皇(だいごてんのう、元慶9年1月18日885年2月6日)- 延長8年9月29日930年10月23日))       
           在位:寛平9年7月13日897年8月14日)- 延長8年9月22日(930年10月16日))
  61代朱雀天皇(すざくてんのう、延長元年7月24日923年9月7日) - 天暦6年8月15日952年9月6日)、
           在位:延長8年11月22日930年12月14日) - 天慶9年4月13日946年5月16日

  宇多天皇の時代が、藤原時平に対し菅原道真の活躍の時であり、その後、時平の弟・忠平が[延喜の治]と呼ばれる政治改革をし朱雀天皇の摂政・関白であり、平安時代の激動の時期の分霊勧請は、そうした勢力との関係があるのかと・・・・
PA210428 (448x336) 

 その多紀郷土史考」によると、『渦輪森(現在はないが平田地区(西安寺がある)=曽地川の近く)』や『弓月社』のことも書かれてあり、興味深い。そして、八幡宮を勧請した際「八上上・泉・磯ノ宮」三社に分けて祭祀したと・・・・ 

中でも、『上段の間』にビックリ。。。
PA210427 (448x335) 
   

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR