『子安観音』=『マリア観音』拝観させていただきました

5月12日(月)、【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間と一緒に、拝観させていただきました。

P5120445 (448x336)

 「マリア観音

P5120446 (334x448)


 江戸時代の歴史。

  「切支丹」(教科書で習った、惨たらしい感じのする語呂)を禁制にした頃。

  
 篠山の歴史のバイブル『多紀郷土史考』のよれば、八上城下で相当の信者がいたと・・・

  

 天文18年(1549年)にザビエルが大分県臼杵に上陸。

  二度目の上陸を果たしたザビエルは京都へ向かった。

  織田信長に会い、石山本願寺との兼ね合いで、布教を許された。

    で、配下の武将も洗礼を受けた。

      黒田勘兵衛・高山右近・吉田織部・・・・

 
  京都の南蛮寺、山口の大道寺、そして天通寺

   いわゆる切支丹宗の寺。 

033般若寺01tt (436x448)


     般若寺に天通寺ができ、切支丹の中心地となった。

       1604年耶蘇会年報に書いてあるのだそうだ・・・
        ---1603年(慶長8年)丹波の天主堂あり。礼拝堂栱門に「天通寺」の額掲げあり。

    八上城主だった波多野秀治も洗礼を受けていたのではないかと・・・・

      天正7年(1579年)明智光秀との長い戦いで、織田信長に命を絶たれたが・・・・ 


 
 そうした江戸時代に厳しい禁制となるまでは、天通寺もあったのだろうか・・・

  その時代以降に、隠れて信仰するのために、この『子安観音』を祀ったのかと。

   外厨子には文政9年(1826年)とあると・・・・

P5120444 (448x335)


   著者の奥田氏は推察されている。
     「大通庵」は「天通庵」であったのではないかと、
        それが現在の「長徳寺」ではないかと・・・。
          明和9年(1772年)に大改築と記録があり、
              その頃に改号されたのかもと・・・


   お参りしたあと、土人形の「稲畑人形」を借りて帰り、
    子宝を授かればもう一体の人形を添えて、お礼にお参りしたという風習のなかで、
     この『子安観音』=『マリア観音』は脈々と受け継がれてきたのだろう。。。。



 今も静かな森の中で、地元の方々の手厚い保存が続いている。。。



雨が降りそうな天気の中、火置さんに大変お世話になりました。
 おかげで、帰路につくころまでは雨に降られず、・・・・・・・
   

  

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR