講談師《旭堂南左衛門》さんの『村雲流忍者』

はじめて講談を聞いた。
 大変興奮するほど面白かった。

17日(木)、今日も公民館主催の高齢者大学講座。
 「たき学園」が[ハートピアセンター]であった。
公民館・松本氏から、お勧めですよと、春から誘われていた。

P1170035.JPG

篠山市長と高校の同級生だと紹介があった。
『旭堂南左衛門』さんが、まず講談について解りやすく説明があった。

P1170037.JPG

講談師の世界は、厳しいものなのか、人数は少ないのだそうだ・・・
 
 昔は『講釈』と言われていた時代があったとのことで、なるほど、上手くできた名称だなと感心。

一席は「真田十勇士・猿飛佐助」で有名な「真田幸村」の講談を聞かせてもらった。

そして、地元・「村雲」での忍者の伝承を素に、書き下ろしの講談。
 面白く説明を最初にされてから、講談を始めれらた。

  『忍者』は本来、姿を見せない。本来の素性を見せない。
     どこにいるか、解らない様にすることが、それが大切と。。。
   そういう意味で、伊賀・甲賀とかは有名すぎると・・・
    『村雲』って言うのは知られていないからこそ、忍者の本髄かもと。。。

P1170038.JPG

いよいよ「講釈師見てきたような嘘をつき」と自ら、会場を和ませておられたが、講談開始。
  「八上城の城主・波多野家」と弓矢に長けた「村雲流忍者」・『身人部帯刀頭永雄麿(ミトベ タテワキノカミ ナガオマロ』との絡みを、ドンドン語られ、どこまでがホンマか解らないまま、引き込まれていった。


講演が終り、司会進行役の松本氏が、会場のみんなを笑わせておられたが、ヒョッとしたら、村雲地区の方は、忍者の末裔の方かもと・・・ 

 ちなみに、《旭堂南左衛門》は、篠山市の 『丹波篠山ふるさと大使』 の一人です。
 
     

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR