笹山藩(現・篠山市)二の坪での【柿の木地蔵】

やっとのことで、【柿の木地蔵】と会うことができた。

  ボランティアガイド《ディスカバーささやまグループ》に昨年参加させていただいた。
     篠山城跡大書院にパネルが多々あり、その中の一つに【柿の木地蔵】があった。

P4280033.JPG

1609年、徳川家康の命により築城された、天下普請の篠山城。

 初代城主・松平康重から三代目城主・松平忠国の1621年。
   天候不順だったのだろうか、いよいよ食べ物に窮して、《柿》が命をつなぐ唯一の食べ物となった。

 こうした飢饉の時、権力者の傲慢さか、年貢の減少を恐れた彼らは、その命のもとである《柿》も上納するように命令を下したというから、大変なものだったと・・・・

  当然のことながら、農民・村人は庄屋を中心にその対策を計った。
    たぶん今の世の中と一緒で、随分議論があったかと・・・・
     
  そうした危機的な状況で、庄屋の重兵衛さんは、立ち上がらざるを得なかった。
    京都所司代に訴えたのだそうだ。。。。

  重兵衛さんは磔となり、引き換えに《柿》は食べることができるようになったというが・・・・

P4280032.JPG

篠山市のHPから「民話集」http://www.city.sasayama.hyogo.jp/minwa/city/sa_minwa11.html

そのことで、柿の木に下に供養の意味で五輪塔を祀ったとの歴史。

P4280037.JPG
 
  祠の横に、ひっそりと祀ってあった。
 
それでも、地区の皆さんが、草抜きとか掃除とか交代でしておられるそうだ。
 毎月23日には、幟も立てられるとの話を聞かせていただいた。
   8月23日は地蔵盆の関係か、毎年読経をも営まれるとのことだ・・・・

大きな柿の木も頑張っているが、祠の両脇には[シキミ]が警護しているように花もつけていた。

P4280035s.JPGP4280034.JPGP4280038.JPG

篠山市のHPから「名木と巨木」http://www.city.sasayama.hyogo.jp/meiboku/tr005.html

道路から直ぐに駐車場があり、そこに停めさせてもらった。
  親切な方に場所を教えてもらって、また、近所のFさんとおっしゃる方に地蔵さんのことをいろいろ教えていただいたりで、ありがたいことだった。

image002.jpg

よくまとめておられるブログですので、是非!!

知人のブログよりhttp://www.harimaya.com/sasayama/sasatan/sasa_97.html


補足:明治になるまで、「ささやま」の漢字はいろいろで、[笹]も[篠]もあった・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR