三岳のクリンソウへ新登山道から遊歩道整備作業

4月20日(日)

 お手伝いと見学と下見と兼ねて参加した。

三岳中腹にある「クリンソウ」の群生地。

  修験道の山だった、その中腹で偶然見つかったクリンソウ

 今は、地元の方々を中心に守る会として頑張っておられる。

  そのメンバーのTさんのお手伝いとして、お邪魔させてもらった。

P4200020 (448x336)

 
 まだ山の中だけに、桜も姿を保っている。
DSCF3580 (448x330)


いきなり、川を越えるところから始まった。
DSCF3581 (448x336)


めいめいが頑張れる範囲内で、杭を背負って登る・・・・・
  DSCF3582 (448x334)
DSCF3586 (448x336)


 山の綺麗な水が流れる横を少しずつ登ると、桂の木や巨岩に、
   そして、タムシバ(こぶしではなく)にも出あった。。。
DSCF3583 (336x448)
DSCF3585 (448x336)
DSCF3587 (448x329)


肩に食い込んでくる痛さ(だるさ)を我慢しながら登ると、「修験道」の『水飲み場』に着いた。
 ---実際のところは、先輩の方々はたくさん背負っておられるが、私は・・・・---
DSCF3588 (448x336)
DSCF3589 (448x334)
DSCF3590 (448x318)
  この水飲み場も、綺麗に清掃してやれば、きっと美味しい水を飲めるのだろうなと・・・・


やっと、分岐点の所に着いた。
 ---案外、従前の登山道よりも足元は多少悪いが、感覚的には楽だったかも・・---
DSCF3592 (448x336)
 今日の作業分担を伝えられ、更に前進。。



眼下にクリンソウの葉が見えてきた。
 ここが元は竹が生えており、最初の衝撃的な発見場所だったと教わった
DSCF3593 (448x336)


目的地の直前に大きな倒木。
 今年の豪雨で根こそぎ倒れた様子。
  ---次回、チェンソーをかついで持ってあがるとの事だ・・--
DSCF3594 (448x336)



 いよいよ作業開始。

  持ってきた杭を打ち込み、そこにシュロ縄(自然に戻るという利点)で、遊歩道の整備。
   黒い縄の関係で見えにくいが・・・・

 ------作業中は、写真を撮ることを忘れていた。


  お昼に弁当を食べ、お茶を飲み、荷物かが軽くなった。。。

DSCF3596 (448x336)

  倒れていた看板も使える範囲で、再利用。。。

    結構杭が朽ちていて、だいぶ打ち直しの作業が多かった。

   縄を括る時、『トックリ結び』という結び方を教わった。


5月の中旬に、綺麗な『クリンソウ』が待っています。

  絶対、モラルを守って、常識のあるクリンソウ見学を楽しんでください。


 『多紀連山のクリンソウを守る会』のHP:http://www.mitake-sasayama.net/modules/primula/index.php?content_id=5

 体力に自信のある方、クリンソウを守りたい方、
   是非、『多紀連山のクリンソウを守る会』に参加され、応援してあげてください。
     

   




テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR