小原の梅田春日神社 大きな石燈籠

12月26日(木)、多少体調不良ながら、年内にはとあいさつを兼ねて知人宅に行った。

 帰路、道路の向こう側に鳥居が見えたので寄ってみた。

   ---小雨か小雪が・・・・

PC260175 (330x448)

  気になっていた、梅田春日神社だった。

 拝殿の裏に、気になる何かの後・・・
PC260180 (448x336)


PC260178 (336x448)
PC260179 (332x448)

   境内の燈籠も古い歴史を感じさせた。

PC260177 (335x448)


この神社は篠山市の西紀・草山にあり、また藤阪にもあった。


    ブログ・藤坂の梅田春日神社と妙見堂:http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-362.html
 
 
もちろん素人のことで良くはわからないが・・・

  昔は【神】として山の上の大きな巨石などを信仰していた。

  そして、神殿は、仏教伝来以降に関係があるのではないかと思う。

    おそらく、それまでは特に建物はなかったのでは・・・

      むしろ、ムラの人々が集まる場所だったでは・・・・

 
 この「梅田春日神社」が北の現京都府からの民族の移動というか広がりを示すものだと・・・

   奥田楽々斎氏は「多紀郷土史考・上巻86頁」でそのようなことを書かれている。

 
 この小原の南には「櫛石窓神社」があり、その勢力圏内であった事も間違いないと思われる。

   そのため、これより南には「梅田春日神社」がないのはそのためかなと・・・・




 又ひとつ、この神社前に大きな石燈籠があった。

   この北、小原の大日堂の前にも同様な燈籠があり、昔の通行の助けとなったのだろうか。

 草山でも、こうした燈籠を見かけた。

PC260174 (336x448)
PC260182 (448x336)


   P7180124 (448x336)
          ----07/18 草山で(崩れていたが・・・・)

image002_20131229174659ae0.gif

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR