王地山

篠山城は1609年に築城。

 笹山だったと。その時は春日神社が山上にあったと。

その東側の小山が「王地山

PB240026 (448x206)
    ----先日(11/24)、八上城跡に登った時に撮影した画像

左側が篠山城跡

  右が王地山

   篠山城跡の奥が「飛の山」。
  
    そして、霧に浮かぶ篠山盆地の山々。

その「王地山」にはたくさんの石碑がある。

outiyamaCus20214 (908x1280)
   ----図書館で借りた『郷友第377号(H4.12)』

 この中で、興味深いのは『孤松臺碑』。

PA130314 (448x335)
   ----10月13日早朝の写真です。

     松は????

       ^^^^松と言えば、高城山の磔の松も
            (史実ではないにしても、看板はあるが・・・)

   明治の『西園寺公望』による揮毫といわれる。

    鳥羽伏見の戦いのあと、福住の本陣での歴史的な篠山藩。


王地山お稲荷さん」
  『負け嫌い稲荷』この話も興味深い。

負け嫌い稲荷取り組み表 (448x435)
    ---図書館で借りた「郷土辞典 S11発刊」

  図書館で借りた「多紀郷土史考(奥田楽々齋)」に詳しいが、
   青山忠裕の時代の伝説となっているが、
     形原松平氏時代ではないかと書かれている。

  
  図書館の資料となっているこの資料も面白い。
PA020143 (334x448)

   祖父(だったか?)見たと言う伝聞を載せてある。

PA130309 (448x327)
PA130308 (448x330)
 
 王地山稲荷は土俵の形が作ってある。

    篠山藩の時代は「相撲」が盛んだったことも事実。

一例で黒田で見た「お相撲さん」の墓(?!)
P3210099 (448x336)


  どこからこんな伝説が・・・

最近行った「小田中稲荷」では額が奉納されていた。

PA080261 (448x335)
PA080262 (448x322)

なぜか、殺害された「松平又四郎」がお稲荷さんとして祭ってある「頼尊稲荷」
P6130109 (440x326)

高城山の春日神社に合祀されている「高城市松稲荷」
PB240004 (448x335)
  ----先日の八上講座で、池田氏から説明をもらった

 のんびりと、お稲荷さんをこれからも訪ねてみたい。。。。

江戸で、連勝したという相撲。それまでは負けてばかりの篠山藩。
 それが、あるとき一団がやってきて、相撲を取らせてくれと・・・・
  まぁ、取らせたら、勝は勝はで・・・

 慌てて、一団を東海道・中仙道を追いかけたが見当たらず・・・
   それが、みな篠山藩にあるお稲荷さんの名前だったとか・・・

 この伝説、もの凄く興味深い。

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR