「日置」について

日本全国に『日置』との地名はたくさんあるそうだ。

 「ひおき」・「へき」等々、読み方はいろいろあるのだとか・・・

篠山市にも『日置』の地名があり、この歴史が面白い・・・

  ---篠山市のホームページには『平安時代の承平年間(931~938)に書かれた「和妙抄」の中に、丹波の郷「日置」(へき)があります。・・・・・・』:http://www.city.sasayama.hyogo.jp/timei/timei27n.html---


 火置弘さんから興味深い話を聞かせていただいた。

P9260050 (320x448)


 御岳で『クリンソウ』を発見したのがきっかけで、いろいろ調べることを始められたと・

   私自身は「後鳥羽上皇」と「承明門院」との話に関心があるも、まだその山中というか麓にある、遺跡(?!)に行ったことがなく、なんとも情けないことであるが・・・・・


 『日置』と『火置』との関係。

   過去の出版物で、隠岐の島に流される「後鳥羽上皇」がその途中、松明を持って「承明門院」を尋ねて行き、明るくなって、その松明を置いたことから「火置」と云々がある・・・・

   それよりも、歓迎する意味で、「日置姓」の家があった集落で、松明を掲げた。そうした意味から、「火置」とする云々がなんとなく・・・・


  昔々、神話に近い時代・

   伊勢神宮での天照大神が食事の世話等をして欲しいという事で、豊受大神を招いたと・・・・

    それが内宮と外宮。 伊勢と元伊勢の関係。

  その豊受大神を案内したのが誰か???

    言い方を変えれば、丹後にあった神を伊勢に・・・・

  その役目をされたのが「日置国雲命」と・・・・

 P9260047 (336x448)


 どこまでが正史に合致するのかは判らないが、大変夢というかロマン豊かな話。


 もっと不思議なことを地図で示していただいた。

   P9260049 (448x336)

   34度32分上に、いろいろな歴史的なポイントがあり、
     火置さん自身、このライン上でいろいろ関わりがあったと、マァ偶然といえば偶然だが・・・・


  詳しくは、いずれ火置さんの研究発表を楽しみに待つことにしています。

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR