もしもあの時、・・・・歴史は変わったかも知れない。明智光秀。

8月18日(日)

 八上(ヤカミ)城ふるさとガイド養成講座

  ---八上地区にある高城山・八上城に関して勉強会

 今日は第二回で芦田岩男氏の講演。

    ----都合で、第一回目の講座は欠席だったが・・・・

0818yakami


 波多野氏との関わりで、非常に難しい時代を過ごした明智光秀

 

元亀2年(1571年) 山名祐豊が氷上郡の山垣城を攻撃

 赤井・荻野の救援で、更に竹田城を攻略。
 
   もし、そんな攻撃をせず、但馬で、ジ~としていたら・・・・
     織田方に救いを求めることも無かっただろうが・・・

天正3年(1575年) 明智軍が黒井城を攻撃

  八上城の波多野勢も明智軍として出陣

天正4年(1576年) 波多野秀治が裏切り、明智光秀を挟み撃ち。。。

  なぜ、織田信長に太刀や馬を献上していた(1570年)波多野秀治が裏切ったか・・・

     毛利勢と繋がりもあったのか・・・


  更に明智光秀が敗走するとき、【鼓峠】でよくもマァ無事に・・・・

     ---草山の細見将監に攻められたと・・・・



  そういう苦い経験が、再度の八上城攻めの時、ジワジワと・・・・


天正5年(1577年)~天正7年(1579年)   
 
  長い戦いは、波多野氏の八上城はロマンを持ったドラマになっている・・・



もっと、いろいろ勉強してみたい。

 

 

  

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR