『第一回・風味里(ファミリー)楽農かまど給食の会』 in 市野々

2月5日(火)篠山市の東部の市野々

 朝早くから、準備していただいていたみたい・・・。

  7時20分に出発。

    誘っていただいたKさんと待ち合わせをして、市野々へ。


 もう既に、 『カマド(竈)』 の火がついていた。

  竈でご飯を炊くからと、子供の頃を思い出し、楽しみにしていた一日。

 着いた時には、もう大根やらなんやらドンドン、切っておられた。


0205FA3
0205FA2


   サトイモを洗って、皮を向くように指示され、何とか最初の仕事。

  
  外にある竈が気になって・・・・

   洗われた米を、竈に持っていき、そのまま竈の火の守をすることに。

0205FA4


  厚い鉄板がちょうど竈の大きさにぴったりで、

     「デカンショねぎ」の男料理をするいうことになった。

    「デカンショねぎ」は篠山の特産品の一つ。

      太くて、長くて、美味しくて、文句の付けようのないネギ。

   その「デカンショねぎ」をザクザックと刻んで、

                少しの豚肉と一緒に炒める。

0205FA5


     小麦粉を解いたところに、すり下ろした「山の芋」を混ぜた。

       この「山の芋」も篠山独特の粘りの強い、美味しい産物。

      それを、炒めたネギの上にかける。

0205FA1


     真ん中に卵を落とす。

    少々の水を鉄板に落とし、蓋をする。蒸すためだ。

      少々待って出来上がり。醤油を少しかける。

0205FA8
0205FA9
0205FA7
    ---試食と言うか、つまみ食いというか、そんなレベルを超えて、美味しく・・・---

 そのうち、ごはんも炊けた。

   その炊けてくるときの、あの感じは、もう嬉しくて嬉しくて・・・・。

  今日のごはんは、黒豆ごはん。プラス赤梅。

   この赤梅が良い味と、香りをプラスさせた。


  「お釜」から、「おひつ」に、ごはんを移し変えた時の喜び。。。

     ---------カメラで撮影するのを忘れた。。。

あの「おこげ」もできていた。


会館の中では、皆さんいろいろな料理を、それぞれが懸命に。。。。

 0205FA10
0205FA12
0205FA6
0205FA14


どうします?? 昼からこんなご馳走!!


0205FA11
0205FA13
0205FA15


 みんなで「いただきま~す」と。。。

  自己紹介をしながら、なぜか好きな俳優は・・・と。

 いろいろ談笑しながら、たくさん食べさせてもらった。


今日の集いの名称。


『第一回・風味里(ファミリー)楽農かまど給食の会』 in 市野々  

   『ファミリー』とは、単に家族だけを意味するのではなく、

     いろいろな地域に繋がっての仲間たち・・・

    
   『楽農』とは、農業を楽しむ、またそれぞれが工夫して生産し、

       消費する。更に販売し、嬉しさを感じる。

 
   『給食』とは、学校給食などの意味ではなく、みんなで作って

       みんなで美味しく食べて、近所の方も一緒に加わって食べていただく。


      自分流に勝手に解釈した今日の名称。


  楽しい一日でした。

 主催者のブログ:『クサノウミ通信ときどきムラジョ』http://kamisasami.exblog.jp/17270908/   

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR