大国寺と丹波茶祭り  篠山市の味間地区

6月2・3日は《大国寺と丹波茶まつり


皮肉なもので、【丹波茶】というネーミングで有名な味間地区のお茶。

【丹波篠山茶】とネーミングしなければならないのか?

   あるいは【篠山茶】としていかなければならないのか?

古く、篠山藩の時代には、既に大阪などで、求められて

  その販売ルートなどで、いろいろ問題があった歴史の古文書も残っているそうだ・・・・


お隣に、氷上郡各町が合併して、市民アンケートでは「氷上市」が多数であったが、

  どのような経緯があったのか判らないが、「丹波市」に。

《丹波地域》が京都と兵庫県にまたがり、今も《丹波》で通用する時に、紛らわしいことになってしまった。

tyamaturi


まぁ、それはそれ、賑やかなお茶まつり》 。


  何度行っても、雰囲気の良い《おまつり》です。

丹波篠山観光協会のHP ←←← クリックでどうぞ
  篠山市のHP ←←← クリックでどうぞ
  
虚無僧さんも加わっての行列が、凄くカメラのラッシュに。。。

 昨年は、雰囲気に合わない服装での行列参加者がおられ、

   カメラアングルにたくさんの方が、悩まされたが・・・・・・


 昨年の画像です。  
otyamaturi1
otyamaturi2
otyamaturi3


 

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR