FC2ブログ

「青春18きっぷ」で滋賀県日野町 鬼室神社に中野城址

何の本だったか、読んでいた時に、『鬼室神社」のことを知った。
 非常に交通の便が悪そう・・・

 青春18きっぷを使いながら、行ってみようと・・・

 【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間に声掛けしたら、以外にも反応がった。

3月27日、朝早く出発した。。
 
 いろいろ所からバスで行くにしても、なかなか、難しかった。工程の予定を作ることにずいぶん時間を要した。。。。
 もう一つはランチをどこで・・・

 滋賀県日野町
sansaku.jpg 

 JRで近江八幡まで行き、そこからバスに乗り戻る感じで、日野町に。「大窪」で降りた。
 何と寺社仏閣が多いことかと感じた。。。

近江日野商人館』を見学。300円
 丁寧に説明をしていただいた。
55949120_2328083000736463_1462491442948603904_n.jpg 

54799681_2328083054069791_5513589271816044544_n.jpg 
「お椀」から、日野町は始まった。

DSC04621.jpg
   産地が表示してあった。
  その元の資料が、表示してあるのを見ると、正徳3年(1713年)発刊の『和漢三才図絵』。ネットで調べると、今でいう図入りの百科事典。それに載っているということだ。調べてみた。
和漢三才図会 

   確かに、「江州小野」とある。
    --「筒井順慶」の名前もあり、しっかり読解できないが、いろいろ興味深い。
20190327日野 (1) 

20190327日野 (2)

DSC04623.jpg 

曳山」がたくさん残っており、それそのものも「日野町」の特徴なのかなと・・
 その「曳山」が5月2日に祭りで出るのだそうだが、その時、見物できる場所として、多くの家が「さじき」を作っておられ、それを外して見物できるようになっているのだそうだ。
DSC_1591_2019032815464078a.jpg 

DSC_1589_20190328154638030.jpg

DSC_1592_2019032815464114d.jpg


貴重な資料もあり、いろいろと見学をさせてもらった。


さらにバスに乗って移動しなければならないため、そのバス停「日野河原」まで、少し教理があるものの、頑張って、みんなで歩いた。。。
 
 そこでランチ。
55598904_2328084480736315_5823073929287172096_n.jpg DSC_1586.jpg54729497_2328084500736313_6097976253120249856_n.jpg

 食事を済ませた。ちょっと早めに着いたため座れた。どんどん混んできた。
  お店を出たが、目の前のバス停は、どうも違うみたいで、お店の方に尋ねて、もう一つバス停があることを教わった。

 無事、バスに乗り、目的とする『鬼室神社』に着くことができた。
  運転手さんが、帰りを気にしていただいた。もうバスはない・・・・から。。

こじんまりとした、神社だった。
DSC04626.jpg 

DSC04628.jpg 

説明板があり、読んでみて、「伝承」だけど、地元で大事に守っていられるのかと・・

DSC04629.jpg 

いずれにしても、渡来民族がたくさん住んでおられたのだろう・・・15キロ北にある『百済寺(ひゃくさいじ)』が気になった。以前に行ったとき、「百済(くだら)」とは関係ないように説明を聞いたのだが・・・・

DSC04627.jpg 
 集合写真を撮った。

DSC04632.jpg DSC04625.jpg
 交流のシンボルとして建築されたと説明板があった。

20190327日野 (3) 20190327日野 (4)



いよいよトンネルを越えて、歩いて、・・・
DSC04633.jpg DSC04636.jpgDSC04637.jpg


蒲生氏郷」が産湯を使ったという「中野城址(日野城址)」を目指した。
DSC04639.jpg DSC04640.jpgDSC04638.jpg

DSC04644.jpg 
  広い敷地跡・・・

町並みを歩きながら、バス停を見つけて、帰路についた。

春の青春18きっぷ小野 

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

久しぶりの「かみさん」と青春18きっぷ。岡山

久しぶりに「かみさん」と、青春18きっぷを利用。

 愛犬・茶介クンと一緒に過ごした16年間、旅に一緒に出ることはなかった。
  寂しいことだが、一昨年2017年9月27日、一つの星になってしまって・・・

 昨年、「かみさん」の都合で、ナビゲーター代わりに山梨県に「急ぎの1泊旅行」をしたが・・・
 いわゆる「のンびり旅」は何年振りか・・・相変わらず電車に座ると、居眠りしていた「かみさん」。。。

3月20日

 まず岡山城を目指した。子供が小さい時に「後楽園」により、ボートに乗った記憶。

 駅から、歩いてみようと、敢えて市電に乗らず・・・良かった、偶然交差点で見た。
032001IMG_20190320_125448.jpg 
  ---「チャギントン」と言うらしい・・・
 https://okaden-chuggington.com/ 岡山電気軌道KK

 城に行くその前に、食事。美味しかった。。。。032002DSC_1521.jpg
  意外とリーズナブルな料理。。。お酒も少々。。。
 https://dank-hp.com/    そうさく日本料理 DANK

032003DSC_1522.jpg 032004DSC_1526.jpg


赤穂線で戻る形で、「日生(ひなせ)」に。

21日

tekuteku-001.jpg 

tekuteku-002.jpg 
日生の街を歩こうと計画していた。だけど天気予報は雨。
  しかし、雨の神様が渋っている感じで、一応持参の折りたたみ傘をナップサックに入れて・・・・

 立派な神社

032101DSC04568.jpg 

お寺の門の扉がすごい
032102DSC04569.jpg

壁に、瓦をうまく利用して・・・
032103DSC_1530.jpg 

紹介してもらったとんかつ屋さん
 とにかくすごいボリューム
032104DSC_1531.jpg 

駅前というか、港に面した小山に・・・
032105DSC04571.jpg 

ぐるりと海岸線を歩いてみると、たくさんの貝が置いてある。
 名産の「牡蠣」に関係あるのだろうな感じながら・・・・
032106DSC04572.jpg 
  http://www.hinase.net/kaki.html 「日生かき」のできるまで 日生町漁業協同組合
   
032107DSC04576.jpg

やはり海岸に近い神社は『金比羅山』
032108DSC04579.jpg



22日、島に渡ってみようと計画していた、「頭島(かしらじま)」

港に着いて、あこがれの海を覗くと、「ぼら」かな!?
032200IMG_20190322_123708.jpg 

待っていると、船がやってきた。
032201DSC_1536.jpg 

ほぼ、貸し切り状況・・・
032203DSC_1544.jpg

橋が綺麗に見えた。
032202DSC_1538.jpg 

この船の名前!!
 よく読んでも、解りにくい・・・ でも、別のところにかな表記があって、『のりなはーれ』
032204DSC_1547.jpg

登りくだりがあるものの、島をぐるりと・・・

032204DSC04595.jpg 

kashirajimamap-001.jpg kashirajimamap-002.jpg

桜だと思うのだけど、もう散っている状況・・・
032205DSC_1549.jpg 

なぜ「たぬき山」なのか聞くのを忘れた・・・
032205DSC04582.jpg

予約していたランチ
 https://cafe-mulberry.com/ カフェ・マルベリー
032206DSC_1550.jpg 032206DSC_1551.jpg032206DSC_1552.jpg032206DSC_1553.jpg

自家製のパン屋さんで、野菜も自分で・・・美味しかった!!
032206DSC04586.jpg 

島の家の洒落た壁
032207DSC_1555.jpg 

帰りはバスで帰ろうと、バス停を目指して・・・
032208DSC04583.jpg 
 下車する前に、運転手さんに聞いたら、島内ではどこでも、乗車できるのだそうだ・・・知らなかった[笑!?]

港にあるバス停の近くで、「牡蠣」を売っておられた方に教えてもらった。
 あの貝は「牡蠣」を育てるため、植え付けるためのものだそうだ。
ちょうど来週からはその仕事になるとのこと。
 「牡蠣」はその植え付けてから、一年。それからだとのこと・・・

032209DSC04588.jpg 032209DSC04589.jpg032209DSC04590.jpg032209DSC04594.jpg

やっぱり『カキオコ』を食べておかねばと・・・
032210DSC_1558.jpg 032210DSC_1559.jpg
 お店の名前が「さんちゃん」。
  気になるので、聞いた。その説明が面白かった。
   ここでは書きません。気になる方は、お店に是非どうぞ!

23日(土)
 明石市に。

032301DSC_1567.jpg 
   ---工事中だった(この意味・・・)

明石城400年のイベント。
032301DSC04600_2019-03-25_17_05_08.jpg 032301IMG_20190323_114048.jpg032302DSC_1564.jpg

 震災の時に、修理の監督もされた方の説明を聞くことができた。
 三層の隅櫓に特別見学会。
  全く運のよいことに、ちょうど並んだら、定員の20番ジャスト。。。。

032304DSC04607.jpg 
  急な階段。
   --どこのお城も、「急な階段」ではあるが・・・

032304DSC04609.jpg
 すごい梁。 松の木だそうだ。

032304DSC04612.jpg
  明治だったか、大正だったか、修理の時、このクロスした工事が、この震災に耐えた一つの原因かと説明があった。 (で、今回の大修理の際、新築した時に戻すのではなく、あえて残されたそうだ・・・)

032304DSC04613.jpg 
  昔の修理の時の、「小舞壁」の残骸(!?)。むかしのホンマのシュロ縄であるため、今も朽ちていないとのこと。。。。

032305DSC04611.jpg 
 二つの隅櫓をつないでいる壁。
  正面から見ると、なんともないが、ここから見ると、湾曲してあることが良く解る。これが強度を保つための工夫だとのこと。。。

いろいろ教わった。写真を撮り忘れたが、「釘」の違いの説明も受けた。

 「魚の棚」で「明石焼き」=「卵焼き」
032310DSC_1568.jpg 032310DSC_1569.jpg
  美味しかった。。。早い。。。

032311DSC_1570.jpg 


山国で生まれ育って、ず~と『海』に一種のあこがれがあった。しかし『海』は怖い・・。人生一度『海』の近くで住んでみたい・・・
 
 で、昔、日生町に行ったとき、何となくあこがれていたマチ。。

 ラジオとネットで、「移住体験住宅」を知った。
  申し込むつもりで、1月に下見を兼ねて、久しぶりに日生に行った。。。

 昼食を食べて、美味しさの余韻を残しながら、現地まで歩いてみた。
   昔来た時に会った「市場」が移動したことも知った。
20190108 (5) 20190108 (4)20190108 (1)20190108 (2)20190108 (3)



 美味しさも手伝って、「体験住宅」を申し込んで、今回3月に、しっかりと現地を歩かせていただいた。ありがとうございました。
 
 ***仕方のないことだが、「道」が狭いのが自分たちには、一番のネックかなと・・・

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

プロフィール

茶介

Author:茶介
【《篠山スマイルくん》の『丹波篠山』気まぐれガイド】のブログ名を2019年から変えました。
是非、篠山においでください。

カテゴリ
検索フォーム
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR