FC2ブログ

2018(平成30)年 篠楽=【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の思い出

いろいろと楽しみました。仲間の方、それぞれの思い出があるでしょうが、何といっても長野県に連れて行ってもらったこと。

安曇野の『リンゴ狩り』11月15-16日
写真編集りんご 
リンゴを捥ぎるのを初めて体験。鋏を必要とすのかと思っていたら、なんとちょっと向きを変えるだけで、「ポロっ」と取れた。。。

往路で「馬籠・妻籠」に寄っていただいた。若い時から一度行きたいと思っていた宿場町で、堪能できた。。。。何と言っても、運転していただいた仲間の3人に感謝。



2018年1月10日の定例の「集い」は、篠山市の文化施設4館を巡ることから始まった。
2018-01-10 四館巡り 
寒い一日であったが、「歴史美術館」「デカンショ館・青山歴史村」「篠山城大書院」「武家屋敷通りの安間家」
係の方に大変お世話になった。(「ボランティアガイド【ディスカバーささやまグループ】」の一員として、観光客の方を何度か案内させていただいたのですが・・・・)

毎月10日を「集い」の日として、市民センターやいろいろな場所(公民館・集会所・学校・お寺など)で開催。ゲストとして仲間の知人にいろいろなお話も聞かせていただいた。9時30分開始を原則として12時ころまで。中途参加もあれば、時間の都合で中途で退席もあり。参加費100円(家族単位)
写真編集集い 


 天気が悪くなければ、午後は希望者で《丹波篠山をぶらり散歩したい(隊)》
写真編集ぶらり 
 10日の午後とは別に、日時を決めて行うことも(集いの時に5人以上の賛同者がが原則)


写真編集畑 
天候に振り回される一年であったが、何とか、「黒枝豆・青大豆」の収穫ができた。
 「無農薬青大豆の手作り納豆」 毎年「市民センターまつり」で披露する。
一番の楽しみは、「畑作業」後のうどん!! 『風輪里』さんで。



 寂しいことに、草山観音湯のコースが閉鎖されるとのこと・・・
写真編集GG 
優勝者に提供していただいた『郡家ピザ』のランチ。
 


いろいろなことにチャレンジしました。
写真編集チャレンジ 
先にも書きましたが、集いの時に提案があり、5名以上の賛同者があれば、いろいろと工夫して楽しくチャレンジ!!!


市外に出かけたこともありました。
写真編集市外 
今年は、こうした予定日に天候に恵まれたこともあり、楽しい旅(!?)を体験しました。

市外。何年か前に、この廃線跡を計画して、「桜」を見に行く予定が、雨天で延期、毎月のように延期、とうとう夏に汗を流しながら歩き、トンネルの涼しさと、最後のビールのうまさが格別だったことがありましたが、今年は「秋」を体験。
写真編集廃線 



最後にまとめてみました。
 いろいろな団体さんが主宰されるイベントに参加。
写真編集イベント 


楽しい企画の提案と、各地・各団体さんなどの情報を得て、一年間いろいろと楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

手作り青大豆納豆!【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の《大芋(おくも)で無農薬に挑戦したい(隊)》で収穫分

いよいよ収穫した、「無農薬青大豆」で『手作り納豆』に挑戦。
 ここ数年、これが一つの楽しみに・・・・

①まず豆をよく洗い、水に浸し寝かせます。途中で水は変えます。一昼夜。
   写真は、水につけたところ。だんだん膨らんできます。
DSC_0980a.jpg  
②蒸します。圧力鍋でやるのが簡単ですが、普通の蒸し器でも大丈夫。DSC_0982a.jpg

③ 適当な柔らかさになるまで・・・。そのまま食べても美味しいくらい。 DSC_0983a_2018-12-24_18_15_54.jpg 
④ 『納豆菌』。市販の納豆菌を購入するのが簡単かも・・・・
    もしくは、市販の納豆(この場合、以前に作った「赤大豆納豆」)を利用して、『納豆菌』を取り出します。食べるときと同じように、よく混ぜます。DSC_0984at.jpg

⑤ ぬるま湯を、④の納豆にかけます。ドロ~ッとした状態になります。これが納豆菌。
   その納豆によって、良い(美味しい)納豆菌が取れるのかも・・・ですが、量は適当に。。。
DSC_0986a.jpg 
⑥ 蒸した「青大豆」をボールに取りだし、冷まします。熱すぎると、「納豆菌」が死ぬとのこと・・・
DSC_0985a_2018-12-24_18_20_03.jpg 
⑦ 今回はトレーに「すのこ」がついているのを購入して使ってみました。余分の水分を取るため、下にキッチンペーパーを敷きましたが、普通のトレーで良かったかもです。
DSC_0987a_2018-12-24_18_20_41.jpg 
⑧ 「青大豆」がそこそこ冷えてきたら作業開始です。
  ⑤の段階の「納豆菌」用の「赤大豆」を取り出します。(もちろん食べれます!)
DSC_0988a.jpg 
⑨ ボールに入っている「青大豆」に⑧で分離した「納豆菌」の水溶液(!?)をかけて、十分にシャッフルしてください。なんとなくぬるっとした感じなります。
  それを、タッパーに入れます。この時、容器の割に量が多いと「重ねすぎ」になりますので、最初に適当な量を決めることが肝心かもです。
DSC_0989a_2018-12-24_18_21_11.jpg 
⑩ 「青大豆」の上に、キッチンペーパーを被せます。
    これは正味、余分な水分を取るため。この時、タッパーの蓋はしません。
DSC_0990a_2018-12-24_18_21_37.jpg 
⑪あらかじめ用意した、発砲スチールの中に、「湯たんぽ(もしくはペットボトル)」にお湯を入れ、そこに⑩のタッパーを入れ、寝かせます。
DSC_0992a_2018-12-24_18_22_13.jpg 
⑫ タッパーの蓋はしませんが、発砲スチールの蓋はします。
DSC_0993a_2018-12-24_18_22_43.jpg 
⑬ バスタオルか何かで包み、保温状態を気にしながら、『おやすみなさい!!!』
DSC_0994a.jpg 
⑭ 翌朝、ソ~っと覗いてみました。 もう少しかな?! ちょっと皴が出てきて、粘りそうな気配で、もう一に寝かせることにしました。
DSC_1000a_2018-12-24_18_23_05.jpg 
⑮ 湯たんぽの入れ替えも・・・DSC_1001a_2018-12-24_18_23_28.jpg 
⑯ もう一度、『おやすみなさい!』
DSC_1002a.jpg 
⑰ 『起きなさいよ!!』 まぁあ、完成ということで、発酵を止める意味で、「冷蔵庫」に。
  容器は移し替えました。
DSC_1004a.jpg 
⓲ いよいよ、楽しみな『食』タイム!!
   なぜか、孫は市販の納豆をよく食べるのに、我が「手作り納豆」は食べたがらない・・・
    「醤油」が原因かと・・・・、市販の納豆の「たれ」をかけても、もう一つ反応が・・・
     「おおきさ」か・・・いろいろ思案したが、やっと気づいたのが今回。
    成分表(!?)を見たら、「砂糖」が!!!!!

   で、試しに、「砂糖」を少しかけてみた。    
DSC_1006a.jpg 
⓳ そして、濃縮の「めんつゆ」にしてみた。
DSC_1007a.jpg 
⓴ よく混ぜて・・・。さらに大人用にちょっと「練りからし」を。
DSC_1008a.jpg 
㉑ 完成!! 見た目には「粘り」が出なかったのですが、味はまぁ、素人としては合格!!
   「練りからし」を抜いて、孫に出したら、「またか!?」という感じで口にしてくれ、そのあと、スプーンで自分ですくって食べてくれました。三歳の孫も、やはり「砂糖」の味に慣れているのかと‥‥。少々戸惑い気味の時間でした・・・・
  DSC_1009a.jpg 
  ---反省点・・・。「納豆菌」をもう少し「上手に、多めに」取ることが大切かなと。。。

*****

20190108追記
  今年になって、「白大豆」で挑戦し、美味しく食べました。
 ⑦の「すのこ」はせず、かつ底に「キッチンペーパー」もせず!!
   このほうが良いと思います。。。。
白大豆納豆 
 右下の写真は、発泡スチールの箱の中で寝かした状態(上に「キッチンペーパー」をかけただけ。。
 右上は完了した納豆の発酵を止めるため冷蔵庫に入れるため、容器を入れ替えた。
 左はかき混ぜた納豆に醤油をかけ、さらにかき混ぜて、食べる直前。

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

プロフィール

茶介

Author:茶介
【《篠山スマイルくん》の『丹波篠山』気まぐれガイド】のブログ名を2019年から変えました。
是非、篠山においでください。

カテゴリ
検索フォーム
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR