数奇な運命:篠山の「この門」:地方(じかた)門

地方門」とあるので、何事かと思っていた・・・
  地方役所とあると、エ、なんなんだと・・・

DSC09496 (448x336) 

調べると「ちほう」ではなく『じかた』。。
 
では、その「じかた」って、なんだ?・・・

「町方」に対応する言葉だと・・・
 --庄屋など「村方(むらかた)」三役。。。

   藩の代官・郡代・郡奉行など郷方役人の指揮下で、
     大庄屋のもと・・庄屋・肝煎・百姓代の村役人

「丹南町史」で青山家時代のことだそうだが・・・
丹南町史③ (218x448) 

丹南町史② (280x448) 

丹南町史① (299x448) 

「地方役人」とは、藩において領内の郷村をいくつかに分けて、支配地の徴税を主の目的として、(名称はまちまちであるが)任じられた役人、と辞書などに載っている。

となると、「地方役所」とは、そうした地方役人(庄屋など)が利用した建物か?
      藩主の命令などを伝えるための建物か?

明治4年の図面を見ると、
DSC09471 (448x336) 

DSC09469 (448x335)

DSC09470 (448x332)

DSC09470t (448x310)

大手馬出の東側に、濠に向かって西向きに門があった・・・・
 『藩聴 元地方役所』と読める・・・
 
「丹南町史」などに出てくる『藩庁
  幕府の時代ーー篠山城に設置して領内の行政業務を執り行う機関
  明治初期ーーー廃藩置県までの藩知事が政務を行った機関

明治3年3月 「篠山藩庁」設置
明治4年7月15日 篠山縣設置 篠山藩を廃止
明治4年11月2日 豊岡縣支所設置 篠山縣廃止
明治10年2月7日 篠山警察署を設置(旧藩庁跡)
明治10年7月1日 篠山区裁判所開庁(旧藩庁跡)

明治16年頃には 「地方門」は篠山城の廊下門跡に設置

「篠山町七十五年史」によると・・・
DSC09494 (448x412) 

DSC09495 (439x448)

明治24年8月30日 上二階町に裁判所設置

大正10年 大手馬出の濠は埋め立てられる
  ---軽便鉄道が延長して、その路線跡も今はない・・・
set軽便鉄道 (448x317) 

いつの日か確認していないが、現郵便局の南側に移動設置。
  ---発掘調査がされているので、その後かと・・・・
DSC09474 (331x448) 
DSC09473 (448x335) 
DSC09475t (448x317) 

地方門 (448x335) 

この地方門がまたまた移動。。。
  今度は西にある「青山歴史村」内にある
         「デカンショ館」への門と・・・・
2016-11-11 002 (448x335) 

2016-11-11 003 (448x335)

11月に移築工事を。柱も傷んでおり、復元と言うか新築と言うか、仮に移築しなくても修理は必要だと、以前から感じていた(倒壊するのではないかと心配すらしていた・・・)

その門の跡に、時期を同じくして「伊能忠敬」の記念石柱が。。。
2016-11-11 001 (335x448) 

 新聞記事を読んで、行ってみたが・・・・
DSC09499 (448x334) DSC09500 (315x448)
       (12月27日撮影)・・・・


篠山城の遺構はほとんどないのだけど、
  この門と同様に、篠山城の門と言われている金照寺の山門
PA140248 (448x335)

PA140249 (448x332)


工事前の画像(Google)で「田園交響ホール」の西(左)が「大手馬出」の跡が解るように公園化されているが、平面ではなかなか判らない。。

で、「田園交響ホール」の西南側に「地方門」があったことになる・・・
大手門Google (448x351) 

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

篠山城・八上城:城下町巡り<>「ウイズささやま」主催の日本遺産のイベント

12月4日・7日と続けて参加した。
「日本遺産をめぐる篠山ウォーキングツアー」


 

2016wailking_B (322x448) 2016wailking_A (320x448)

篠山城は1609年、徳川家康の『天下普請』による築城。
 1605年に将軍職を秀忠に譲っているので、家康は「大御所」と呼ばれていた。
 この時、八上城に居た「松平康重」が城主となる。
篠山市HPより>篠山城築城の構想:https://www.city.sasayama.hyogo.jp/osyoin/mono01.html

この「松平康重」は1568年の生まれ
  家康は1566年、松平から徳川と改姓した。
 *もちろん、康重と名乗ったのは後のことで・・・
  ーー駿河国三枚橋城松平康親の長男。天正11年(1583年3月16日元服の際に家康から「康」の偏諱を授かり康次、のちに康重と改めた。ーーとある。

岡崎城に戻った家康(当時は元康)
 ー1560年(永禄3年):桶狭間の戦い今川義元が敗死 
   1562年(永禄5年):妻・築山殿は岡崎に戻るが、
                       岡崎城に入れず・・
   1567年(永禄10年):長男・信康(9歳)は岡崎城に戻る
                (信長の娘と結婚)
   1570年(元亀元年):築山殿が岡崎城に入る。
                岡崎城主は信康
   1570年(元亀元年):家康は浜松城に移る
    ~~信康は1579年(天正7年)、
           信長に謀反の疑いをかけられて自刃
      
康重は、家康の侍女であって、松平康親に嫁したときに既に懐妊していたといわれ、家康から懐刀を受けていたとか、家康の落胤説も。
  --1568年生まれということは、信康は岡崎城に居て、築山殿は岡崎には居たが城外に。
 
 *築山殿(生年不詳 - 天正7年8月29日1579年9月19日
  • 長男・松平信康(母:築山殿)
    生誕永禄2年3月6日1559年4月13日
    死没天正7年9月15日1579年10月5日
  • 二男・結城秀康(母:小督局)
    生誕天正2年2月8日1574年3月1日
    死没慶長12年閏4月8日1607年6月2日
  • 三男・徳川秀忠(母:西郷局)
    生誕天正7年4月7日1579年5月2日
    死没寛永9年1月24日1632年3月14日

仮説:もし家康の子供だったら、信康に次ぐ二男だったことになる。



まずは「八上城」に挑戦。高城山登山。
 集合して、みんなで掛け声!!
  「ウイズささやま」!! 『オー!!』と。
①takasiroyama1 (448x298) 

②DSC09191 (335x448) 
説明を受けながら登り、途中で眼下に街並みが!

③takasiroyama3 (448x317) 

頑張っって登り、説明を受ける。この繰り返し・・・

④DSC09196 (448x325) 

そして休憩は、眼下に広がる・・・・
④DSC09198 (448x327) 

⑤DSC09211 (448x336)

この眺望が、疲れを忘れさせる・・・・

⑥takasiroyama6 (448x299) 

頂上(本丸)で、食事。。

⑦DSC09217 (336x448) 

当時は樹木もないことから、
    町の広がりを想像して撮影。

⑧takasiroyama8 (448x298) 

伝説の井戸など見ながら・・・・

下山して、西に廻り、当初の館があっただろう「蕪丸」址へ。

⑨takasiroyama9 (448x317) 

ーー最後の下山ルートは、ややキツかったが、全員無事!!
    中世の城を後にして、バス移動。
 近世の城・篠山城

⑩大書院 (448x316) 

 いわゆる「上段の間」の上がらせていただき、
     みなそれぞれ殿様気分を(笑!)・・・・

12月4日は、この二つの城址を巡った。
 一つのまちに「中世の山城と近世の平城」があることが珍しいこと。

 駆け足気味の城巡りであったが、貴重な体験もでき楽しい一日であった。

続いて7日の城下町巡り

ますは「青山歴史村」・「デカンショ館
ウイズささやま」のHP>青山歴史村http://www.withsasayama.jp/REKIBUN/aoyama_top.htm

ウイズささやま」のHP>デカンショ館http://www.withsasayama.jp/dekansyo/index.htm

⑪青山歴史村 (448x317) 

短い時間であったが、まさに「楽しい!!」。

 次に「安間家
ウイズささやま」のHP>安間家http://www.withsasayama.jp/REKIBUN/anma_top.htm

⑫安間家 (448x296) 

「南馬出」の堀側を廻り、かつての「黒岡川」のあとを散策しながら、河原町へ。
 
 この「黒岡川」は、築城時、篠山川に直流していた川を直角に曲げて、外堀の更に南側を流し、そしてその南側に「篠山川(大芋川)」と、築城の際に事実上の堀としたもの。。。
  ---今は、洪水の被害をなくす意味で、篠山川にまた直流させている

⑬南馬出 (448x296) 


「河原町」
  元は篠山川の流域であったが、築城時、土手を築き流れを一段南側にし、その跡地の街並み。

  先に書いた、「黒岡川の跡地」=散歩道も、元々は「篠山川」の流域であったのであり、築城時、直流していた「黒岡川」をそこに流したと考えるのが自然のことかと・・・・

その河原町で、『山車』を見学させてもらい、街を散歩。
 「袖ウダツ」が河原町の特徴の一つだと説明を受けた。
 

⑭河原町 (448x296)

 「負け嫌い稲荷」で有名な王地山の麓に「陶器所」
   藩主が愛した「磁器」。
ウイズささやま」のHP>王地山陶器所:http://www.withsasayama.jp/ojiyama/index.htm

⑮陶器所 (448x317) 


昼食後、ぶらりと・・・・
⑯DSC09345 (448x336) 

ココも「負け嫌い稲荷」

⑯DSC09346 (322x448) 

この「又四郎」は歴史的に興味深い。

最後は「歴史美術館
  もとは裁判所・。
「ウイズささやま」のHP>歴史美術館http://www.withsasayama.jp/REKIBUN/rekibi_top.htm

⑰歴史美術館 (448x291) 

ココのガラス「ギヤマンガラス」と言うのだそうだ!!
 
 二日の案内を頂いて、頭がパンクしそうだ(笑!)

   ありがとうございました。


参考に・・・・

篠山市のHP>八上城悲歌 丹波富士・高城山:https://www.city.sasayama.hyogo.jp/siryositu/yakami03.html

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR