その② 辻地区で山城址整備作業を手伝い(体験)し、山道を散策


これより前は・・・
辻地区で山城址整備作業を手伝い(体験)し、山道を散策 その① http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-805.html

山から下りて、辻地区に。国道から、旧道沿いをみると・・・
DSC09095 (448x336) 

 かつて賑やかだった中世の時代を感じ取ることもできる。

お昼は、辻地区の公民館で弁当
 福住。一本杉で営業されている『福楽里』さんの弁当。
 1000円。
DSC09096 (448x322) 

公民館で、ランチをしながら、自己紹介。
 そして、資料に沿って、学習会。。。
DSC09153 (314x448) 

午後の予定は、「郵便屋さんの通った道」を散策。
2016-09-24 004 (448x331) 

DSC09154 (321x448) 

参加者から、『毘沙門窟』に行ってみたいとの声・・
 時間的にどうなんか?と、地元の方々が相談の上、行くことになった。

DSC09099 (448x273) 

DSC09101 (448x325)

DSC09102 (448x331)

 この「郵便屋さんの通った道」沿いには、古いお寺の跡などがたくさん。

右手にきれいな川が・・・
2016-09-24 023 (335x448) 

しばらくすると、鳥居が見えてきた。
毘沙門窟set10 (448x448) 

登っていくと、意外ときつい登坂も・・・
 途中で、人工的な石垣が見えた。
DSC09114 (448x336) 

この上かと思ったが、ここは何かお堂でもあったのか・・・

更に登って、洞窟。多少手が加わっているかも・・・・

以前に「毘沙門窟」に二か所行った記憶。。

 いずれも、新年の「初寅の日」に参拝されると聞いた。

DSC09118 (448x319) 


この洞窟の左側に水が落ちている。
 雨量が多いときは、滝のようになるとのことだった。

下山して、『四本杉』に。
 --やはり途中にも、遺跡が・・・
   気になったのは「安養寺」跡
  いつの日か「垣屋」地区を歩いてみたい・・・・

最後は裏道(山の中)を通って『四本杉』のある稲荷神社に着いた。
DSC09126 (336x448) 

四本杉set4 (448x448) 

成長を続けることで、かつて「ワイヤー」で倒木を防止したが、その「ワイヤー」を切ってしまうほどのパワーで成長を続け、近々、再度「ワイヤー」を張る計画もあるとか・・・・

先程の「毘沙門窟」への参拝が困難とのことで、この境内に「参拝所」を設けておられるとのこと。
DSC09131 (325x448) 

その横に、もう一つの。。。
DSC09132 (448x334) 

『山の神』を祀っておられるのか?? 判らない。

村の途中に、「祠」があった。
DSC09098 (336x448) 

辻地区の公民館まで戻り、解散となった。
 地区の皆さん、ありがとうございました。
  これからも頑張ってください。
DSC09088 (448x335) 

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

その① 辻地区で山城址整備作業を手伝い(体験)し、山道を散策 


辻地区でのイベントを計画した。

津田さんポスター1002 (316x448) 

丹波新聞にも案内の掲載をしていただいた。
2016-11-14 059 - コピー (448x101) 

【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間で、《篠山の「ここ!」に行ってみたい(隊)》という小隊(!?)を作った。
 
 --篠山各地で、地元の方を中心にいろいろ頑張っておられる所が多い。神社仏閣の伝統的な行事。山城址の整備作業。山の歩道整備作業。などなど・・・

 そうしたところを訪ねたり、少しでもお手伝いが出来ればと参加したり・・・

で、今回は、そうしたお手伝いの体験をメインにした。

以下二枚の写真は、辻地区で以前の作業に参加した時のもの・・・
2015-09-26 008 (448x330) 



2016-09-24 025 (448x336)


11月23日(水・祝)
 この日は、想像以上にあちこちでイベントが・・・
 忙しい時期にもかかわらず、地元の方に協力していただいた。
案内は地元の津田さん。

15193568_629701600536057_6400279115725480236_n (448x336) 

事前に資料もつくっていただいた。
 --20ページにもなる、詳しい資料。
DSC09153 (314x448)

 DSC09154 (321x448)

当日は雨も心配な空だったが・・・・

辻地区の入り口に、判りやすい地図が。。
15135841_629701507202733_6989085858091452216_n (448x330) 

早速、淀山城址に。
 築城時期は、いまだ文書での発見はないと・・・

津田氏が作成しただいた資料の一部
DSC09155 (448x236) 

案内していただいてる写真を合成した
淀山城址-set10 (448x448) 

安全のために、ヘルメットを手配いただいた。
 波々伯部神社のイベントの時に使われるものだそうだ・・・
2015-04-12 018 (448x251) 

あちこちに「看板」が設置されている。
DSC09075 (448x329) 

そして「本郭」には記念碑も残っていた。
15181687_629701943869356_8811210547632671900_n (448x336) 

ちょっと周りが崩れているが・・・・

撮影を忘れていて、良い写真がないものだが、作業風景
DSC09086 (448x330) 

ともかく全員で記念写真。
DSC09088 (448x335) 

ココから見ると、さすが中世の山城と感じる。
 波々伯部氏の居城である関係で、東の籾井城と、西の八上城。
DSC09082 (448x318) 

DSC09085 (448x326)


以下に続きます・・・ 


 

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

文保寺仁王門の講演(加藤氏)

FB上で講演のあることを知った。
https://www.facebook.com/events/1163760283686025/

早くからカレンダーに書き込んでいたのが、会場を間違えたことに気づき、慌てて調べて、四季の森の会場にギリギリ間に合った(笑!)

2016-11-14 004 (448x329) 

2016-11-14 012 (448x325)

仏教のことは、ほとんどわからないのだが・・・
 仁王門・二体の修復のニュースから一年。関心が・・・

仏教会の会長さんの挨拶・慈眼寺と聞こえたが。。
2016-11-14 008 (448x328) 
 佐貫谷から抜けるときにあるお寺で、一度、訪ねてみたいお寺。

 先日、【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間と訪ねて、いろいろ教えていただいた小多田・善導寺の加藤副住職。
  篠山市文化財保護審議会の委員さんで、お話を聞いたことがある。

仁王像の修復工事とのニュースを知ったが、現地での搬出作業を見学したかったが、できなかった・
 その当時の画像であるが、想定以上の重さもあって、大変な作業だったとのこと。

 2016-11-14 016 (391x448)2016-11-14 017 (448x310)

講演の中で、いろいろ教わった。。
2016-11-14 020 (448x216) 

  --国指定は、「金剛力士」像と表現されるとのこと。。

2016-11-14 025 (448x301) 

  --聖備山長流寺・・・・松尾寺文保寺

2016-11-14 026 (448x272) 

  かつては、山全体がお寺、修行の場であった・・・

その 山門に力強く構えている仁王像

2016-11-14 027 (353x448) 

2016-11-14 028 (351x448) 

2016-11-14 029 (448x417)

その解体修理作業が始まってのこと。
胎内は、ものすごいことになっていたとのこと。。
2016-11-14 038 (448x333) 

動物の巣になっていたのか、ごみがいっぱい。。。
 その中から、細かく作業をされて、・・・・
  当時の人々の願いを込めるというか、「お経」も、しかっりと。。。

2016-11-14 048 (448x333) 

解体
2016-11-14 037 (448x329) 

そうした作業の経過で、仁王像の足元から・・・・・

神戸新聞の記事

2016-11-14 032 (448x398) 2016-11-14 033 (406x448)

すごい歴史的な発見というか・・・
 明智光秀の丹波攻めで、焼失したのではなく・・・・
永和4年と言えば(調べると)、1378年。
 南北朝の時代で、北朝方の元号と。
  足利義満がこの年3月に、室町の新邸(花の御所)に移ったと。

そして、「眼」。
 あのギョロっとした眼。睨みつけられる眼。
  綿と水晶のなせる業だそうだ・・・
2016-11-14 034 (448x318) 

裏側から見れば、信じられないような工夫。
 表から見て、そして裏に廻って、微調整。。。
  大変な作業であっただろう・・・

が、左目は壊れているとのことで、修復されると・
2016-11-14 035 (448x330) 
 
 また、一段と、睨まれる感じの仁王像になるのだろう・・・ナ。


テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

「毎月10日は集いの日」【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間と『軽便鉄道』廃線跡を

良く続いていると、自分ながら感心したり・・・・
毎月10日は集いの日」として、
 都合のつく方が参加する
 情報交換の場として、『軽便鉄道』が話題になった。

set軽便鉄道 (448x317) 



渡瀬橋の鉄橋跡はそれなりに知られているが・・・
 のちの国鉄・篠山線とゴチャゴチャになったり、
最初の終点駅と、延長した際の経路が・・・・。

仲間のYさんが地図を見つけていただき、修正も。。。
15036704_624290304410520_7155586998368287001_n (448x275) 
軽便鉄道』に乗ったことがある方をと、紹介してただいたのが「田中秀夫」さん。
 自宅を訪ねた時、どこかであった記憶があると・・・、でも思い出せず、二度目に訪問した時に思い出した。公民館主催の「古文書入門講座」の先生だった。。。

で、お願いして、写真をお借りした。
 鳳鳴在学中に密かに撮影された貴重な写真だそうだ・・・
  ずいぶん怒られたとか・・・
軽便鉄道・田中秀夫② (448x436) 
 90歳になられとかで・・、でも、お元気そのもので、古文書の研究もさることながら、柔道の指導も続けておられるのことだった。。
2016-11-10 003t (448x367) 

『集い』に参加していただき、その当時のことを、面白おかしく話していただいた。
2016-11-10 004 (448x320) 15055719_624289994410551_3877862519410922240_n (325x448)

あっという間に、時間が過ぎて、みんなで集合写真。
 今日の一番若い1歳の男の子。
2016-11-10 010 (448x331) 2016-11-10 007 (448x323) 

昼は希望者で近くの『Hnahana Cafe』に。
 《草山でグランドゴルフを楽しみたい(隊)》の賞も提供していただいているお店で、美味しく満腹に。。。1100円でした。パンは食べ放題。

2016-11-10 011 (448x330) 2016-11-10 012 (448x336) 

《丹波篠山をぶらり散歩したい(隊)》の始まり。
 通称「いのしし橋」=渡瀬橋をスタート。
  2016-11-10 013 (330x448)

 その橋の下流で、知らなければ判らないかも・・・
  いずれは消えていく運命かも・・・

2016-11-10 014 (448x330) 

ココを登ったのかな?! とか・・・

 まさに『ぶらり』だものだから、寄り道も多い。
2016-11-10 016 (448x336) 

  --詳しいことは判らないが、「弥勒堂」と。
   当時は「軽便さん」とか呼ばれていたとか、この丘の麓を走っていたのかと・・・・

2016-11-10 018 (448x334) 

2016-11-10 019 (336x448) 

2016-11-10 020 (448x336) 

駅があったと言われるところで聞くも、もう何もないとか・・・

2016-11-10 021 (448x336) 2016-11-10 024 (448x335)

菊花展を開催中なので、「お苗菊」を見ることに。。。

2016-11-10 025 (448x330) 

篠山城の北堀端を歩きながら、市役所前を通過。
 ---このあたりに、看板と写真一枚でもあれば、良いのにと・

終点あたりになると、私有地となっているため、ドカドカと入るわけにもいかず、あらかじめ、地権者が解っていたのなら、了解を求めておけばよかったと反省。

ともかく、ゴール。。

 あまりにも、ゆっくり歩くので、かえって疲れるとの声もあった(笑!)

で、お茶をしようと、最近オープンされた細見さんの『杜のふくろう』へ。
 細見さんとは、楽しい思い出がいっぱいで・・・・
2016-11-10 027 (448x336) 

美味しくて、暖かくて、眠くなったところで解散とした。

大正時代の地図を、Yさんがデジタル化されたとか・・・
近畿-中部 00 (448x330) 

当たり前だけれど、軽便鉄道がしっかりと載っている。

近畿-中部 00 t (448x328) 

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

陶器の丹波焼、磁器の王地山焼 篠山の窯元

「ウイズささやま」の「日本遺産めぐり」。
  篠山城跡三の丸広場からバス移動(9:30)
2016-11-09 002 (448x328) 

まず県指定の文化財でもある「登り窯」を!
2016-11-09 006 (448x331) 2016-11-09 009 (448x333) 2016-11-09 011 (448x324) 

 説明をしていただいたのは「大上」さん
  自ら言われていたが「おおがみ」さんはいっぱいおられるとのこと。
   で、名前「裕」さんで呼ぶか、窯元「昇陽窯」さんで呼ぶか・・・と。

 今月の18日からのイベントを紹介していただいた。
  ーーこの登り窯で『焼成』 
     夕方暗くなって、真っ赤な火が…是非見学にと。

窯元を訪ねて。。。
いろいろ、教えてもらったり、体験させてもらったりと。 

2016-11-09 012 (448x328) 
ココだけという、「大根すり」を購入した。

2016-11-09 013 (448x324) 

2016-11-09 017 (448x328) 
 お茶室で、もてなしを受けたりと・・・・
2016-11-09 016 (448x332) 

電動ロクロを体験させてもらった。
14996316_1788460118094257_882383821_n (448x448) 14972054_1788460208094248_1143721399_n (448x448) 
  なかなか、うまくいかない。不器用な・・・・(笑!)
   貴重な体験をさせていただいた。。。。
2016-11-09 021 (448x324) 

『陶の郷』に移動。

2016-11-09 022 (448x336) 

2016-11-09 025 (448x320) 
初代:昇陽窯元の大上昇さんの作品。『エビ』に注目!!

ーー窯元横丁に入ると

2016-11-09 029 (335x448) 2016-11-09 031 (448x335) 2016-11-09 030 (448x333) 2016-11-09 034 (336x448)
  
 言われていた。
  食器は、長く使えて、美味しく思えるものをと・・・
 
寒い小雨が降る中、お昼となって、持参したおにぎりを。。。
 中のレストランを利用すれば、暖かい環境で、暖かい食事ができたなぁ~と・・・・・




13時にバス移動。河原町に向かう。
 来る時もそうだったが、バス中で、いろいろと案内していただき、なるほど! なんて感じながらしていると、到着。

2016-11-09 036 (448x329)

早速、中西さんが説明していただく『古陶館』。
 2016-11-09 040 (448x327) 
2016-11-09 041 (336x448) 
  古い穴窯の案内地図もあった。
   --かつて、何かのイベントで行ったところも。。。

2016-11-09 042 (448x334)

2016-11-09 045 (448x324) 

2016-11-09 046 (448x336) 2016-11-09 047 (448x336) 
2016-11-09 049 (448x325)  
しっかりと説明を受けたのだが・・・・ 
「磁器」と言えば、元は石…というイメージがあるので、粘土という風に、頭の中で、結び付かない・・・・・(笑!)

2016-11-09 050 (315x448)2016-11-09 052 (448x321)

 体験コーナーで、まず実演をしていただいた。

  粘土板を型の上に置き、上から布をかけ、丁寧に抑えると、その型に彫り込んである模様が見事に・・・・
2016-11-09 055 (448x322) 
これは、すごい! と。。。これはできない・・・と思ったら、これではなく、「箸置き」の絵付け。。。
 絵心がない自分には、大変な苦闘だった。ーーー画像なし

 1818年に始まったと書かれているものもあるが、ともかく時の藩主・青山忠裕公の肝いりで始まったそうだ。。。煎茶文化が流行りだったのかも・・・・

今の場所とは違い、王地山稲荷の階段の反対側に、当時はあったそうだ・・・・

その王地山稲荷(負け嫌い稲荷)を小林一三さんが案内していただいた。
2016-11-09 063 (320x448) 

2016-11-09 064 (448x335) 

まぁ、夕方近くになってのせいか、一段と寒く。。。
 王地山平左衛門(おうちやま へいざえもん)か(ひらざえもん)か?

 この伝承は、亀岡にもあって、興味深い。。。

最後の挨拶。。
2016-11-09 066 (448x326) 

次回は12月4日、7日と続く。

2016wailking_B (322x448) 

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR