小浜市に青春18切符で、帰路市島の花火大会も

昨年の夏。
 【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の中間と青春18切符で企画。
  昔お世話になった記者さんが転勤になっておられ、会うのも楽しみにしていた。

 ところが嵐。行くどころではなくなった。


7月29日(火)
 今年もう一度挑戦。 
   よく晴れた一日。言い換えれば、暑かった。

  よほどタイミングが悪く、仕事の関係で会えずじまい。
   でも紹介していただいたお店で、ビールも飲んで、美味しく食べた。
P7290089 (448x336)
P7290090 (448x331)

  食後、道を軽く訪ねたつもりが、丁寧に地図まで示していただき、見所を紹介いただいた。
    更に聞くと、その記者さんも良くご存知だとのこと・・・・・

  早速ぶらり散策。
P7290091 (448x331)

    でもいい加減なもので、早速、道を間違えたみたい・・・・
   いろいろ見ながら、こちらでもない、あちらでもないと、・・・・・。
P7290092(336x448).jpg
P7290093(448x331).jpg
P7290094(448x334).jpg
P7290095 (448x336)

 やっとのことで、お薦めのポイントに着いた。

P7290098a(448x332).jpg
P7290100(448x329).jpg
P7290097(448x336).jpg

汗がひくのを待って、またぶらぶらと・・・・
 旧宅を開放して展示されているので、蔵まで見学させてもらった。
P7290101 (448x329)

お店の一角に小さな展示【鯖街道】
 篠山の名前も見つけた
P7290103 (448x333)

お土産に、塗り箸、焼き鯖、と考えたが、結局「鯖のへしこ」
 P7300159 (326x448)
  ----お世話になっているスポーツジムの寿退社で

福知山駅で、ビールと餃子で。。。
 市島駅まで。
  小さなマチに若者がたくさん。警官の姿もたくさん。
P7290115 (448x328)
P7290122 (448x336)
P7290124 (448x336)
P7290134 (448x324)
P7290140 (448x336)
P7290146 (448x333)
P7290150 (448x311)
P7290153 (448x334)


  花火の撮影が、素人の自分にはむずかしい。。。。

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

白大豆の土寄せ作業 【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間と汗いっぱい

18日(金)

 【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間、10人が汗をかきました。

P7180649 (448x336)
  
 前回植え付けをさせてもらった『白大豆』。

前回のブログ:減農薬白大豆で、あの「納豆」をめざして!:http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-631.html

現場についたとき、畑を見たとき、山の芋でも植えられたのかと思うほど、緑いっぱいだった。
P7180643 (448x336)
P7180644 (448x322)
P7180645 (448x336)

リーダーにお世話になったとのこと。
 植え付け後、しっかり根を下ろさなかった苗を、植えなおしていただいたり、鳥が攻めてこないように工夫をしてもらったり、水遣りなど、いろいろと面倒を見てもらったと、苗が語りかけてくるような感じだった・・・・・(大きく育っている苗、そうでない苗が混じっていて・・・・・)

 収穫後の「納豆」に期待して、作業開始。

  まずともかく、草抜きから・・・・・。気の遠くなるほど草が元気良くたくさん・・・・・
    次に、肥料撒き。
  やっと、土寄せ作業。
P7180647 (448x336)
P7180650 (336x448)

11時までに終わろうと、頑張った。
   -----なぜ11時?! 近くのうどん屋さんに行こうと!!

記念写真を撮ろうと・・・・疲れているのか、シャッターが切れる前に立ち上がりかけた・・・・
 差し入れしてもらったドリンクで!!!
P7180648 (448x335)

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

篠山城跡から武家屋敷通り安間家へ 現地研修

ボランティアガイドグループ『ディスカバーささやまグループ』で、現地学習があり参加した。

P7150625 (448x336)
北から(448x330)
大書院(448x296)
虎口(馬出しからたくさんの門、更に続き二重枡形の門)
 その二重枡形の最後の門は鉄門(くろがねもん)。
   現在は、通行上(あるいは緊急用に)埋め立ててあり、150センチくらい下に元の踏み石が。
二重枡形(448x359)
鉄門(448x324)
P7150626 (448x336)


 篠山城跡の三の丸に大手門から入り、南に向かって下り、南馬出しを右に曲がり、小林家の長屋門を見て、武家屋敷通り安間家に行った。更に青山歴史村も見学。
 
まず大手門。外堀の水位が左右の堀で違う。土橋での調節で南北での高低差5メートル。
P7120525 (448x336)
大手門(448x350)

西面の内堀傍を南に下る・・・・
P7120526 (448x335)
P7120527 (448x336)
P7120528 (448x336)

埋め門から南廊下門があったところ。
P7120529 (336x448)
P7120530 (448x336)
埋め門 (318x448)
南廊下門(448x317)
P7150627 (448x334)

たくさんの門をくぐり、南馬出しにつながる。
P7120531 (448x336)
P7120532 (448x336)
P7120533 (448x332)
南馬出し(448x306)
P7120535 (448x336)
P7150629 (448x331)


小林家の長屋門。ここには悲しい物語(実話)が残っている。。
P7120534 (448x329)

武家屋敷通りを北に・・・・
P7120536 (448x335)
 
安間家
P7120538 (448x331)
P7120539 (448x316)
P7120540 (448x336)

当時の地図。
P7120541 (448x327)
 ----安間家が見えるでしょうかz?!


大書院の中の展示室と、図書館の本を利用させていただきました・
表紙(329x448)

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

亀井山蔵六寺 貝田にある多紀33観音17番

その時は知らなかった。
 「多紀33観音」の存在を・・・・
  何のことやらわからず・・・・・・・

昨年の秋、「ふるさとを知ろう」という企画で、中野卓郎先生に案内を受けたのだが、・・・・・・
ブログ:http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-344.html

 亀井山蔵六寺

PA270027 (448x322)

PA270025 (448x335)

すごく立派な薬師如来像に見とれて、おそらくいろいろ説明があったんだろうが、記憶がない・・・・
      ----撮影禁止だったので、画像はありません。---
市のHPより・亀井山蔵六寺(曹洞宗)(貝田):http://www.city.sasayama.hyogo.jp/rekishi/53sasa/53081.html

  「亀井山」の『亀』。 「蔵六寺」の蔵六とは『亀』のことだそうで・・・・。
   ・・・・・・・古くは、『亀』は占いの云々と日本史で習ったことがあり、ひょっとして、もっと古代の時代、そういう地域のひとつだったかも知れない(全くの推測ですが・・・・)


128貝田 (2) (448x46)

ぜひとも、もう一度訪ねてみたい・・・・・
128貝田 (1) (448x281)
 
地理院の地図(448x296)

 地名の「貝田」も、この地域で珍しいかと・・・・・
         いろいろな説があるとのことだが・・・・・
 
 京都から亀岡を、更に、この地域の南・福住での激戦のあとのこと。

 その北の地域に残る俗謡として、梶村文弥氏の「丹波篠山とっておきのお話Ⅲ」に紹介説明されていある。
  ***『井串(いぐし)極楽、細工所地獄、塩岡(しおか)・岩が鼻立ち地獄』
  ---明智光秀の天正5年の丹波攻めの。
       細工所城・荒木山城守氏香(ウジヨシ)との戦い。
       井串地区に逃げたものは、橋の下などに隠れ助かり、
       細工所城下では全部殺され、
       塩岡・岩が鼻方面は追撃され、勇ましく戦うも、立ちながら死んでいった」という意味だそうだ。
    それだけ、激戦だったということ。。。。

   その中で、蔵六寺は何とか・・・・・・       


テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

多紀33観音28番 河原町・観音寺にもう一度行きました。

7月2日(水)のこと。

 【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間のYさんを訪ねて行った時、もう一度寄らせて頂いた。
    ----住職が居られたら、話を聞かせてもらえたかも・・・・
              でも、不在だった。
  ****** 最初に訪ねたときのブログ:http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-621.html

P7020432 (448x326)

  昨日8日、図書館の〔篠山町75年史〕を、拾い読み。
   
   元の「楽天座」があったところに『宝寿院』があったと。が、安政3年3月、大火で類焼。
     この付近に、築城以来の鬼門除けの守護として、累代藩主の信仰深い『観音堂』があったと。

      三岳が兵火にあった時(1482年だったかと・・・)に、移したという由緒古い尊像と。

     時がたち、堂が朽ち、明治42年11月、その尊像を河原町・観音寺に合祀したと。

    
   往古(と、表現されている)、城北村知足(観音寺谷というところ)に観音堂があったと。
  
   当時の八上城主・波多野晴秀が、この観音の信仰のあまり、永禄5年、洞光寺の和尚に頼み、八上城下に移し、寺を造営した(観音寺屋敷という地名)と。。
     
   慶長15年(17年?)、河原町に移すも、三度の類焼にあったのだと。

     およそ600年前のものとか、合祀された像は900年ほど前のものとか・・・・


延宝2年(1674年)、藩主・松平康信が『多紀33観音』28番としたのは、600年前の八上(知足)にあった尊像ということになる。

  -------解からないのだが、24番に火打岩・福泉寺となっていて、兵火にあっていて事実から、そうした関係もあるのかも・・・・・・


今は、お堂も門も綺麗に再建され、あと何年かしなければ開帳されないと聞いた。 

P7020431 (332x448)
  
丹波国西国16番でもある。
P7020433 (448x330)

多紀四国88ヶ所巡礼の63番でもある。

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR