黒岡春日神社の能舞台 青山忠良

2016-02-17 014 (448x327) 

2016-11-03 019 (448x336) 

2016-11-03 017 (448x336) 

篠山藩主・青山忠良(ただなが)1835-1862
 第13代藩主(青山家として第5代藩主)
 --1609年築城以来、
   松井松平家1代(康重1619岸和田藩に転封)・
   藤井松平家2代(信吉・忠国1649明石藩に転封)・
   形原松平家5代(康信・典信・信利・信庸・信岑
                1748亀山藩に転封)・
   青山家6代(忠朝・忠高・忠講・忠裕・忠良・忠敏
                 1871廃藩置県)

1835年(天保6年)父・忠裕が老中辞職し、家督相続をした。
  1804年生まれだから、31歳
 その二年後(天保8年)寺社奉行
       天保11年・大阪城代
  そして、1844年(天保15年・弘化元年)老中就任
    いわゆる出世街道・・・

   -この天保15年、
     江戸城火災(6月に本丸焼失)など
      災害などが理由で改元したとか・・・・
    ---それにしても、改元が12月2日と
             (もちろん旧暦)

 そして、老中に就任が12月28日(!)
        --土井利位の辞職が10月。
  その前に別の辞職が5月にあり、
      6月に就任したのが「水野忠邦」。
   実は「水野忠邦」は天保14年に罷免(失脚)され、
    なぜか再度、
    しかしながら、8ヶ月ほどで、また辞職・・・・
    --いわゆる教科書で習った「天保の改革」だが・・・
       (この人は小説の材料になるほど、
            たくさんの功罪・・が)
 
   前年の天保14年に就任したのが福山藩主・阿部正弘
    -この阿部が押す人材(一橋慶喜)との政争に敗れ
        辞職した(させられた)のが「忠良」、
        1848(嘉永元)年5月3日のこと。 

この時代、黒船とか、尊王攘夷とか、
  権力抗争も相当なものだったのだろうか・・・



お苗菊
 忠良が大阪城代の頃(1840年)、「お苗菊」(当時の呼び名は違うだろうが・・・・)を幕府から拝領したとある(父・忠裕の長い老中職の関係があったのかも・・・)
20141127190502ddf_20170114070730146.jpg 
2016-11-03 013 (448x336) 

〖越訴〗
忠良が大阪城代のころ1843・44(天保14・15)年、越訴(オッソ)があった(今田新田村・西岡屋村)と。



父・忠裕が開窯した「王地山焼」は、皮肉なことに、老中罷免になった(1848年)頃が最盛期だったそうだ・・・・、そして1868年(明治維新)の時に廃窯となった・・・(今は場所は変わっているが、復活している)
2016-11-09 055 (448x322) 

老中を辞めても、京都(いや日本中)が騒がしい、危険な時代・・・
 1854(安政元)年には「京都守護で七条口の守備」を命じられている。

篠山藩三大大火事の一つといわれる「水沢焼」があったのが1856(安政3)年。
 --このあと。東堀端から「蛤小路」ができたとのこと・・・・・
地図1684年の城下町(448x338) 
 ーー1684年の地図とのこと
    東堀端の通りに注目
明治初めの地図 (373x448)  
 明治になって、幕末のころの地図
   --拡大して
蛤小路DSC09469tt (448x315) 
  小路が判りますか!? 
   現在は、拡幅工事されていますが・・・・

1859(安政6)年 10男・忠誠(タダシゲ)が誕生 
  ---現・鳳鳴高校の基を作った。11男・忠惇の子・忠允(タダコト)を養子にする
本殿・その横に説明板
DSC09640 (448x336) 

DSC09615 (448x282) 

説明板にあるように、「小桃源」の扁額を玄関で拝見。
DSC09643 (448x336) 

DSC09642 (448x336)

1860(万延元)年には 福井組(今でいうところ福井地区)で強訴2000人とある。 
        それだけ年貢の取り立てが厳しかったのか・・・

 1861(文久元)年、春日神社能舞台青山忠良が寄進
         西日本で有数の能舞台だったとか・・・・
     この能舞台で、今も続く【能】。
     歴史と伝統を篠山に根付かせたひとつ。
篠山市のHP・春日神社能舞台
DSC09611 (448x336) 

DSC09638 (448x336) 

DSC09630 (448x336) 

この能舞台は、覗けるようになっている・・・・
 舞台。
DSC09631 - コピー (448x336) 
 ーーー明かりがほとんどなく・・・・
そして、床下には「日本六古窯」の一つ「丹波焼」の甕が・・
DSC09634 (448x336) 
 ---音響効果のために。

DSC09637 (448x336) 

  --忠良の肖像画がないものかと、
       ネットで調べたが出てこない・・・・。

そして、1862(文久2)年56歳の忠良は隠居して、
 28歳の忠敏(タダユキ)が藩主に。
  ---忠良は病気だったとも・・・。
   (忠敏は明治6年に死亡・・・)


幕末・明治維新(1868年)まで、
 あとわずかの1864(元治元)年 逝去。。。。。
 

2017年1月1日、新年を迎えての【能】
15995905_1820168674923401_1991705649_n (448x448)15978453_1820169628256639_580916539_n (448x448)16111909_1820168741590061_1627733060_n (448x257) 
 --この3枚の画像は、お参りされた知人にお借りしました。

わずかの資料からだけで決めつけるわけにはいかないが、
 忠良は大変な時代を過ごしたと。。
 --父が出世街道を。31歳でやっと藩主。
    内心、父と同様にと出世街道を。。。。
  しかし、政争に負けて老中を罷免(?!)され、
   時は幕末に向かい、地元・笹山でも大変だったかと。。
  子沢山で、犬山城主は忠良の子が養子に。
   文化も後世に残し・・・・・


テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

数奇な運命:篠山の「この門」:地方(じかた)門

地方門」とあるので、何事かと思っていた・・・
  地方役所とあると、エ、なんなんだと・・・

DSC09496 (448x336) 

調べると「ちほう」ではなく『じかた』。。
 
では、その「じかた」って、なんだ?・・・

「町方」に対応する言葉だと・・・
 --庄屋など「村方(むらかた)」三役。。。

   藩の代官・郡代・郡奉行など郷方役人の指揮下で、
     大庄屋のもと・・庄屋・肝煎・百姓代の村役人

「丹南町史」で青山家時代のことだそうだが・・・
丹南町史③ (218x448) 

丹南町史② (280x448) 

丹南町史① (299x448) 

「地方役人」とは、藩において領内の郷村をいくつかに分けて、支配地の徴税を主の目的として、(名称はまちまちであるが)任じられた役人、と辞書などに載っている。

となると、「地方役所」とは、そうした地方役人(庄屋など)が利用した建物か?
      藩主の命令などを伝えるための建物か?

明治4年の図面を見ると、
DSC09471 (448x336) 

DSC09469 (448x335)

DSC09470 (448x332)

DSC09470t (448x310)

大手馬出の東側に、濠に向かって西向きに門があった・・・・
 『藩聴 元地方役所』と読める・・・
 
「丹南町史」などに出てくる『藩庁
  幕府の時代ーー篠山城に設置して領内の行政業務を執り行う機関
  明治初期ーーー廃藩置県までの藩知事が政務を行った機関

明治3年3月 「篠山藩庁」設置
明治4年7月15日 篠山縣設置 篠山藩を廃止
明治4年11月2日 豊岡縣支所設置 篠山縣廃止
明治10年2月7日 篠山警察署を設置(旧藩庁跡)
明治10年7月1日 篠山区裁判所開庁(旧藩庁跡)

明治16年頃には 「地方門」は篠山城の廊下門跡に設置

「篠山町七十五年史」によると・・・
DSC09494 (448x412) 

DSC09495 (439x448)

明治24年8月30日 上二階町に裁判所設置

大正10年 大手馬出の濠は埋め立てられる
  ---軽便鉄道が延長して、その路線跡も今はない・・・
set軽便鉄道 (448x317) 

いつの日か確認していないが、現郵便局の南側に移動設置。
  ---発掘調査がされているので、その後かと・・・・
DSC09474 (331x448) 
DSC09473 (448x335) 
DSC09475t (448x317) 

地方門 (448x335) 

この地方門がまたまた移動。。。
  今度は西にある「青山歴史村」内にある
         「デカンショ館」への門と・・・・
2016-11-11 002 (448x335) 

2016-11-11 003 (448x335)

11月に移築工事を。柱も傷んでおり、復元と言うか新築と言うか、仮に移築しなくても修理は必要だと、以前から感じていた(倒壊するのではないかと心配すらしていた・・・)

その門の跡に、時期を同じくして「伊能忠敬」の記念石柱が。。。
2016-11-11 001 (335x448) 

 新聞記事を読んで、行ってみたが・・・・
DSC09499 (448x334) DSC09500 (315x448)
       (12月27日撮影)・・・・


篠山城の遺構はほとんどないのだけど、
  この門と同様に、篠山城の門と言われている金照寺の山門
PA140248 (448x335)

PA140249 (448x332)


工事前の画像(Google)で「田園交響ホール」の西(左)が「大手馬出」の跡が解るように公園化されているが、平面ではなかなか判らない。。

で、「田園交響ホール」の西南側に「地方門」があったことになる・・・
大手門Google (448x351) 

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

11月23日のイベント 篠山市辻地区で、山城址整備・波々伯部氏・戦前郵便屋さんが通った道を散策

【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】主催で11月23日。津田さんポスター1002 (316x448)

篠山市の東、中世丹波の玄関口と言える『辻地区』。
 その辻地区で、山城址整備を頑張っておられる皆さん「辻を知ろう歩こう会」。

淀山城址・東山城址・南山城址と、かつての「山陰道」街道の睨みを利かせていた。

その山城址の整備の応援。
2015-09-26 004 (448x329) 

2015-09-26 008 (448x330)

2015-09-26 016 (448x336)

三枚の写真は昨年の9月に「手伝い」に行った時のもの・・・

 できる範囲内の作業の手伝いをしましょう。
  ---子供さんでも、できる作業もあって、貴重な体験を!!

この作業を終えたら、お弁当タイム。
  福住地区で、弁当や食堂で頑張っておられる「福楽里」。。
    1000円のお弁当。

Scan0003 (325x448) 

予定では、食事前後に「波々伯部神社」で有名な「波々伯部氏」を中心に学習を計画している。
2015-04-12 018 (448x251) 

後半は、戦後まで、徒歩で「後川」方面に配達するため、山越えをされていたとのことで、その「郵便屋さんが通った道」を中途まで散策。

2016-09-24 004 (448x331) 

2016-09-24 023 (335x448)

綺麗な川のそばを、「ぶらり散歩」。

先日は地元の皆さんが草刈りを。。。
2016-09-24 025 (448x336) 

そして、帰りは「4本杉」にも寄って。。。

2015-09-26 033 (336x448) 

参加費1300円。。
  弁当代1000円、資料・保険・お土産。

参加者を募集中です。

津田さんポスター1002 (316x448) 



テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

〔姉妹夫婦285歳展〕 奥山 彰 

10時に待ち合わせをした。
【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間と。
 大福堂二階のギャラリーで、仲間の「奥山彰」さんが。
 〔姉妹夫婦285歳展〕
  12月19日まで。
2016-10-04 015 (336x448) 

2016-10-04 050 (448x336)

2016-10-04 017 (335x448) 

14012144_1745005282439741_509310446_n (336x448)13956923_1745005182439751_1625532513_n (311x448)

呉服町で「あとりえ恵」。
2016-10-04 040 (448x335) 2016-10-04 041 (321x448)2016-10-04 042 (448x336)2016-10-04 043 (448x320)

【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間で、ホンマの芸術家!!

2016-10-04 022 (327x448) 
元は田植えの時に使う道具を・・・・

2016-10-04 024 (448x334) 
〔一閑張〕いっかんばり

2016-10-04 027 (448x331) 
 頭からかけてある「紐」が苦労されたとか・・

2016-10-04 035 (315x448) 
 細かい絵も一つずつ、手書き・・・

奥さんと、姉妹の方の作品もいっぱい。
2016-10-04 020 (448x331) 2016-10-04 028 (448x320)2016-10-04 030 (335x448)2016-10-04 031 (448x289)

2016-10-04 033 (448x335) 2016-10-04 019 (448x330)

見れば見るほど、材料の工夫と、感覚の鋭さも感じるばかりで・・・

場所を変えて
2016-10-04 048 (448x303) 2016-10-04 044 (336x448)2016-10-04 045 (448x326)2016-10-04 047 (448x331)

素晴らしい午前中のひと時となった。

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

藤坂春日神社 田植神事

篠山市に[梅田春日神社]が三社ある。
 

 一社は草山・本郷に。
 大芋地区の藤坂小原に。。。
144藤坂 (3) (448x314)
 
143小原 (3) (448x313)

その藤坂春日神社。
 ブログ:藤坂梅田春日神社と妙見堂(2013/12/3)http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-362.html
昨年、
 【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間と。
 ちょうど、毎月10日の[集い]の日だった。

 不思議な神社の名前。。。。

  詳しいことは判らないが、なぜ[春日]??


藤坂では、毎年、この時期第二日曜日に神事が。
 昨年は10日、今年は8日。
 田植神事。

どうしたものか、収穫の祭はないそうだ・・・
 昔はあったかも・・・

小原の大日堂に[牛]の額があった。
 昔の農業には、牛は神さま以上だったかも・・・・

この藤坂でも、きっと、[牛]が・・・

象徴的なのは、田植の苗を比して、「桂」の枝。

 「藤坂の大桂」はあまりにも有名だが・・・

昨年の写真でしたが・・・・
2015-05-10 003 (448x246) 

2015-05-10 004 (448x237)

2015-05-10 010 (448x251)

2015-05-10 012 (249x448)

2015-05-10 020 (448x252)

2015-05-10 029 (448x229)

2015-05-10 031 (448x231) 

2015-05-10 035 (448x242)

2015-05-10 036 (448x252)

2015-05-10 037 (448x252)

5月8日10時より。神事の後、田植え儀式の奉納

  春日神社は、国道173号 府県境の板坂トンネル手前
           400m程の分岐点で、県道300号に入ってすぐ。





テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR