篠山の小さな歴史ロマンウオーキング  河原町から池上へ

河原町から池上へ


篠山の歴史には伝承の部分が少なからずある。

 先人の文献・資料などで学習できることは学習し、その歴史の隙間に「ロマン」を見つけて、歴史と地理を楽しんでみたい。。。


小学生から、中・高校生も一緒にできたらと思いながら、今回は小学生と篠山で研修生として就労しているベトナム女性3人も加わった。


河原町の観音寺から池上の御刀代神社までウオーキング

観音寺 から 御刀代神社 - Google マップ-001 (2) (448x315)  


まず、河原町・観音寺


 この観音寺にある「観音」さまは古くは「御岳」のお寺に有ったのかも・・・

ホーム > 地域情報データベース > 丹波ささやま五十三次 > 普門山観音寺(曹洞宗)(河原町)http://www.city.sasayama.hyogo.jp/rekishi/53sasa/53009.html
ブログ 2014-07-09 :《松平康信の多紀33観音を巡りたい(隊)》多紀33観音28番 河原町・観音寺にもう一度行きました。http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-634.html

城下町を築いた時に六寺院を配置して、防御の地点としたと・・


18834381_1890962477844020_936873630_n (448x448) 


18788621_1890962494510685_1739243052_n (448x448)


18815872_1890962461177355_1362698512_n (448x448)

 観音寺の境内で、小学生の彼が「窓」に注目!

  そういえば「大人の常識」で何とも思わなかったが、・・・・


調べたら、火灯窓花頭窓(かとうまど)というのだそうだ。ーーー上枠を火炎形(火灯曲線)または、花形(花頭曲線)に造った特殊な窓である。


  指摘した彼は「釣鐘」みたいだと。。 自分自身は、不謹慎ながら「もなか」をイメージした。


階段をすこし上って「本経寺」にも寄ってみた。

2017-05-28 002 (448x327) 


さて、河原町を東に歩いて、「真福寺」に着いた。


2017-05-28 009 (448x336) 


  ベトナムの彼女たちは、3寺院を訪ねた結果、仏像が拝観できない雰囲気に、母国とは異なると言っていた。

    ベトナムでは、多くの寺院で、自由にお参りができるのだそうだ・・・・


2017-05-28 005 (448x336) 


    ブログ 2017-04-14 :《篠山をゆっくり登りたい(隊)》篠山市小多田の興聖寺跡に加藤さんの案内で挑戦 『篠楽』の《篠山をゆっくり登りたい(隊)》http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-830.html


ホーム > 地域情報データベース > 丹波ささやま五十三次 > 開法山真福寺(浄土宗)(河原町)http://www.city.sasayama.hyogo.jp/rekishi/53sasa/53010.html

      また訪ねてみたい・・・


篠山川を越えると、農業の町という雰囲気になった。


家の前に飾ってある花を撮影したりしながら、時間を意識しないウオーキングが続いた。

2017-05-28 011 (448x335) 



池上の春日神社、そして御刀代神社

2017-04-06 026 (325x448)2017-04-06 027 (448x336)2017-04-06 028 (335x448)2017-04-06 036 (448x335) 


 脇に(!?)88ヶ所巡りの小さな祠があった。

2017-05-28 015 (448x335) 


2017-05-28 016 (448x336)


2017-04-06 023 - コピー (2) (334x448) 


2017-05-28 018 (448x330)


 多紀88か所巡り 第59番


2017-04-06 020 (448x325) 



 この御刀代神社(みとしろじんじゃ)にある「蔵王権現」は数奇な運命をたどったと。


調べてみると・・・・みとしろ【御戸代/御刀代】とは。意味や解説、類語。《「みと」は「御処」で神有地の意かという》神にささげる稲を作る田。神田 (しんでん) 。


「多紀郷土史考」を読んでみると、いろいろと書いてあった。。


 明治元年、『蔵王権現』を『御刀代神社』と改称するように篠山藩主より命じられたと。。。


 龍蔵寺末の「和光山大日寺」が社坊として『蔵王権現像』があり、「龍蔵寺」にあったも言われていると・・・


  今は、村名もなくなっているが「小音川村?(尾根川村)」に「小枕村」より『春日神社』が奉遷されたことから始まったと・・・

 

  今は「尾根川天満宮」が残っている・・・


 承応2年(1653)年、藩主松平康信より、境内370坪、1石以上を除地(非課税)されたとも・・・

  


2017-05-28 022 (448x331) 


ミトシロ神社 (448x344)

篠山市の文化財 県指定文化財|社会教育課・文化財課|観光・イベント|篠山市(丹波篠山) (3) (448x353)


「昔ばなし」にも出てくる蔵王権現

①丹波昔ばなし 第7集 (317x448)

④丹波昔ばなし 第7集 (297x448)

⑤丹波昔ばなし 第7集 (290x448) 

 


ここで、みんなでワイワイ・・・

狛犬「ア・ウン」の話で盛り上げっていると・・・

2017-05-30 008 (336x448)

2017-05-30 009 (336x448) 狛犬

なんか、おかしい・・・・

右手がおかしい・・・

  よくよく見ると・・・

2017-05-28 023 (448x336) 2017-05-30 011 (331x448)2017-05-30 012 (448x326)

こちらには、「子」がくっついている。。。

何か判らないけれど納得して記念写真

2017-05-28 024 (448x336)

2017-05-28 026 (448x324) 

社の横に掛けてある・・・なぜだ???

2017-05-28 028 (448x336) 


「監物橋」を渡る前に、何か良くわかないが・・墓地? 慰霊の???

  ぐるりとまわってみたが、入り口もはっきり判らないし、草がすごく茂っていて、さてさてとみんなでなんだろうかと???!!

2017-06-17 010 (448x333) 

先輩に尋ねてみたら、かつての「共同墓地」だそうだ・・・


少々、暑くなってきて、頑張りながら「監物橋」を渡り、河原町へ。 

2017-05-28 032 (448x336) 

2017-05-28 034 (448x335)

 ーーまたまた、なぜだろうと・・・小川町で。

解散する前に立町に。

 加茂前さんで・・・「KAMOTTE」

 初めて「スフレ」・・・

2017-05-28 042 (448x329) 

2017-05-28 043 (448x335)

2017-05-28 036 (448x326) 

2017-05-28 037 (448x316)

2017-05-28 039 (448x328)

  「黒豆」だ!!

2017-05-28 040 (448x330) 

2017-05-28 041 (448x336)

初めての企画。

 暑かった・・・・

  美味しかった!!




テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

篠山市大芋地区宮代の「大将軍」と「十明社」

【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の仲間と
 《丹波篠山をぶらり散歩したい(隊)》した時
  (大藤から宮代まで)
 気になっていた小山。。

146宮代 (2) (448x407)


ブログ:http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-767.html

  本の上では前から知っていたのだが・・・

多紀郷土史考』・『多紀郷土史話』に載っている。

 【大将軍

  不思議な名前だと・・・・

   著者が書かれているが、神さん・・・・
    --お正月によく貰う「暦」にもある神さん・・

 それでもなぜ??

 西にある「櫛岩窓神社」に関係しているのではと・・・

 ともかく、登ってみた。

2016-03-23 007 (336x448)

2016-03-23 006 (332x448)

2016-03-23 003 (336x448)
  
大きな岩がゴロゴロと・・・・

 やはり、古代からある【岩】信仰の・・・・

  『山の神さま』となっているが・・・



 この東方向に神社

   『十明社』
     (いまは『八幡社』となっている)社が見える。

2016-03-23 005 (334x448)

小山を降りて、神社に行ってみた。

2016-03-23 008 (448x334)

2016-03-23 011 (448x336)
2016-03-23 014 (448x335)

 当たり前だけど、こちらからも『大将軍』が見える

2016-03-23 013 (448x336)

篠山市の資料に、
   『宮代』のことが書いてあるので・・参考に

宮代 (448x205)

2016-03-23 015 (448x200)

もう一度、寄ってみたい。



追記:
 奥田氏は「多紀郷土史考」で『十明社』について書いておられる。
  一ノ宮  中村
  二ノ宮  小倉
  三ノ宮  中村
  四ノ宮  福井
  五殿宮  小田中
  六ノ宮  立金
  七ノ宮  小原
  八ノ宮  藤坂
  九ノ宮  市野々
  十明社  宮代

    『十明』は「十目」と。

 『十明社』の祭神は八幡で、
  応神天皇、大山咋と・・・・・・

いつか、これも訪ねてみたい・・・
     探してみたい・・・・

  

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

「三熊」 「みくまりダム」 : 語源は「水分(みくまり)」

篠山市の北東部。

 【三熊
  地名としては「みくま」

  ダムは「みくまりダム」

2015-12-02 003 (448x329)

2015-12-02 007 (448x336)

看板に説明があった。
2015-12-02 006 (448x335)
2015-12-02 004 (448x335)

 が、神社に寄るタイミングを失って・・・
   --また別の機会に行ってみたい

語源は【水分】=みくまり

 ・・・・《「水配り」の意》
    山から流れ出る水が分かれる所。
          と辞書に。

みくまりのかみ【水分神】
   日本神話で、水の分配をつかさどる神。
   天水分神(あまのみくまりのかみ)と
   国水分神(くにのみくまりのかみ)があり、
            豊作の神として信仰された。

山の西にある 『櫛岩窓神社』もあり、
  そこには『福井』という井戸もあって・・・
 櫛岩窓神社(福井)https://www.city.sasayama.hyogo.jp/rekishi/53sasa/53090.html

  更に辞書を展開していると
     関係ないかも知れないが
 『み‐くまの【三熊野】』= 熊野三社の異称。
     とあった。。。。。
  南に行くと、そうした神社もあって・・・・
     
142三熊 (3) (448x310)
image002 (363x448)
 
いずれにしても、このダムは相当期待されて
 みくまりダム湛水式〔市長日記〕https://www.city.sasayama.hyogo.jp/bin/diary3/diary.cgi?display&date=20081101

この名前も愉快
2015-12-02 002 (329x448)

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

篠山市真南条地区の【二村神社】

真南条の二村神社
 やっと行ってみることができた・・・
 (9月30日(水)早朝、今田町に行き、
  市民センターでの約束の時間に
  少し余裕があったので寄ってみた)

2015-09-30 001 (448x335)

2015-09-30 002 (448x335)

223真南条中t (448x293)

あの「ミウチ」の二村神社から・・・・

延喜式神社巡り:http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-70.html

味間から古市:http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-396.html


文明14(1482)年、着座のことから大騒動となり、
 いわゆる『持ち別れ騒動』。

この、南条の二村神社にはご神体が・・・。
 
 この騒動のあと、「ミウチ」は
  『神内』から、『御内』となり、
    慶安(1650年頃)のころ『見内』となったとか・・・

-----関係あるかどうか判らないが、
     1482年といえば、
    あのクリンソウの御岳の修験道が
     攻められ滅ぼされた年・・・・・だが。
 福泉寺跡:http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-678.html

 修験道:http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-369.html

 御岳の修験道(クリンソウ): http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-608.html

「ふたむら」神社とは?
 
  「伊弉那伎」・「伊弉那美」の二尊を祭祀して
    「二尊神社」が後に「二村神社」と
   郷土史家の奥田氏は書かれている。

  また別の郷土史家・福原氏は
   大芋(おくも)の「櫛岩窓神社」と
    関連しているのではと書かれている。

櫛岩窓神社:http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-360.html

西吹の二村神社:http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-596.html

味間ぶらり散歩:http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-680.html

いずれにしても、905年(延喜5年)に編纂が始まった
 「延喜式神名帳」には「二村神社」と載ってるとのこと。。
   [ミウチの二村神社]

2015-09-30 004 (329x448)
 (この鳥居の右側に、狭い車道があるのだが・・・)

*****

帰りに気づいて寄ってみた。
 祠があって、お墓か??
  よく判らないので、近所の方に聞いてみたが・・・

2015-09-30 008 (448x325)


テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

曽地奥地区で神明八幡神社

所用を済まして、チョッと奥の方に車を走らせた。

6月4日〔木)のこと。

 大きな樹木の囲まれた(風な!)神社に出会った。

  なんというのか、二つの大きな木が
       いわゆる鳥居代わりのように・・・・
2015-06-04 005 (336x448)


 何にも説明されたものがないので、さっぱり・・・・
  --ムラの神社だろうから、
    別段、説明板など必要はないのだろうが・・・・

 正面に、覆屋の中に、二つの社が。
2015-06-04 006 (448x326)

  知識も何にもないので、よく判らない・・・・

 左右には、祠が祀ってあった。

 調べてみると、「神明八幡神社」とある。
085曽地奥 (3) (448x369)

神明神社と八幡神社が一緒になっているのだと・・・・

 もう一度、訪ねてみたい。。。

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

プロフィール

篠山スマイル

Author:篠山スマイル
是非、篠山においでください。
勝手な情報がお役に立てば、良いのですが・・・・

カテゴリ
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
月別アーカイブ
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR