FC2ブログ

久しぶりの「かみさん」と青春18きっぷ。岡山

久しぶりに「かみさん」と、青春18きっぷを利用。

 愛犬・茶介クンと一緒に過ごした16年間、旅に一緒に出ることはなかった。
  寂しいことだが、一昨年2017年9月27日、一つの星になってしまって・・・

 昨年、「かみさん」の都合で、ナビゲーター代わりに山梨県に「急ぎの1泊旅行」をしたが・・・
 いわゆる「のンびり旅」は何年振りか・・・相変わらず電車に座ると、居眠りしていた「かみさん」。。。

3月20日

 まず岡山城を目指した。子供が小さい時に「後楽園」により、ボートに乗った記憶。

 駅から、歩いてみようと、敢えて市電に乗らず・・・良かった、偶然交差点で見た。
032001IMG_20190320_125448.jpg 
  ---「チャギントン」と言うらしい・・・
 https://okaden-chuggington.com/ 岡山電気軌道KK

 城に行くその前に、食事。美味しかった。。。。032002DSC_1521.jpg
  意外とリーズナブルな料理。。。お酒も少々。。。
 https://dank-hp.com/    そうさく日本料理 DANK

032003DSC_1522.jpg 032004DSC_1526.jpg


赤穂線で戻る形で、「日生(ひなせ)」に。

21日

tekuteku-001.jpg 

tekuteku-002.jpg 
日生の街を歩こうと計画していた。だけど天気予報は雨。
  しかし、雨の神様が渋っている感じで、一応持参の折りたたみ傘をナップサックに入れて・・・・

 立派な神社

032101DSC04568.jpg 

お寺の門の扉がすごい
032102DSC04569.jpg

壁に、瓦をうまく利用して・・・
032103DSC_1530.jpg 

紹介してもらったとんかつ屋さん
 とにかくすごいボリューム
032104DSC_1531.jpg 

駅前というか、港に面した小山に・・・
032105DSC04571.jpg 

ぐるりと海岸線を歩いてみると、たくさんの貝が置いてある。
 名産の「牡蠣」に関係あるのだろうな感じながら・・・・
032106DSC04572.jpg 
  http://www.hinase.net/kaki.html 「日生かき」のできるまで 日生町漁業協同組合
   
032107DSC04576.jpg

やはり海岸に近い神社は『金比羅山』
032108DSC04579.jpg



22日、島に渡ってみようと計画していた、「頭島(かしらじま)」

港に着いて、あこがれの海を覗くと、「ぼら」かな!?
032200IMG_20190322_123708.jpg 

待っていると、船がやってきた。
032201DSC_1536.jpg 

ほぼ、貸し切り状況・・・
032203DSC_1544.jpg

橋が綺麗に見えた。
032202DSC_1538.jpg 

この船の名前!!
 よく読んでも、解りにくい・・・ でも、別のところにかな表記があって、『のりなはーれ』
032204DSC_1547.jpg

登りくだりがあるものの、島をぐるりと・・・

032204DSC04595.jpg 

kashirajimamap-001.jpg kashirajimamap-002.jpg

桜だと思うのだけど、もう散っている状況・・・
032205DSC_1549.jpg 

なぜ「たぬき山」なのか聞くのを忘れた・・・
032205DSC04582.jpg

予約していたランチ
 https://cafe-mulberry.com/ カフェ・マルベリー
032206DSC_1550.jpg 032206DSC_1551.jpg032206DSC_1552.jpg032206DSC_1553.jpg

自家製のパン屋さんで、野菜も自分で・・・美味しかった!!
032206DSC04586.jpg 

島の家の洒落た壁
032207DSC_1555.jpg 

帰りはバスで帰ろうと、バス停を目指して・・・
032208DSC04583.jpg 
 下車する前に、運転手さんに聞いたら、島内ではどこでも、乗車できるのだそうだ・・・知らなかった[笑!?]

港にあるバス停の近くで、「牡蠣」を売っておられた方に教えてもらった。
 あの貝は「牡蠣」を育てるため、植え付けるためのものだそうだ。
ちょうど来週からはその仕事になるとのこと。
 「牡蠣」はその植え付けてから、一年。それからだとのこと・・・

032209DSC04588.jpg 032209DSC04589.jpg032209DSC04590.jpg032209DSC04594.jpg

やっぱり『カキオコ』を食べておかねばと・・・
032210DSC_1558.jpg 032210DSC_1559.jpg
 お店の名前が「さんちゃん」。
  気になるので、聞いた。その説明が面白かった。
   ここでは書きません。気になる方は、お店に是非どうぞ!

23日(土)
 明石市に。

032301DSC_1567.jpg 
   ---工事中だった(この意味・・・)

明石城400年のイベント。
032301DSC04600_2019-03-25_17_05_08.jpg 032301IMG_20190323_114048.jpg032302DSC_1564.jpg

 震災の時に、修理の監督もされた方の説明を聞くことができた。
 三層の隅櫓に特別見学会。
  全く運のよいことに、ちょうど並んだら、定員の20番ジャスト。。。。

032304DSC04607.jpg 
  急な階段。
   --どこのお城も、「急な階段」ではあるが・・・

032304DSC04609.jpg
 すごい梁。 松の木だそうだ。

032304DSC04612.jpg
  明治だったか、大正だったか、修理の時、このクロスした工事が、この震災に耐えた一つの原因かと説明があった。 (で、今回の大修理の際、新築した時に戻すのではなく、あえて残されたそうだ・・・)

032304DSC04613.jpg 
  昔の修理の時の、「小舞壁」の残骸(!?)。むかしのホンマのシュロ縄であるため、今も朽ちていないとのこと。。。。

032305DSC04611.jpg 
 二つの隅櫓をつないでいる壁。
  正面から見ると、なんともないが、ここから見ると、湾曲してあることが良く解る。これが強度を保つための工夫だとのこと。。。

いろいろ教わった。写真を撮り忘れたが、「釘」の違いの説明も受けた。

 「魚の棚」で「明石焼き」=「卵焼き」
032310DSC_1568.jpg 032310DSC_1569.jpg
  美味しかった。。。早い。。。

032311DSC_1570.jpg 


山国で生まれ育って、ず~と『海』に一種のあこがれがあった。しかし『海』は怖い・・。人生一度『海』の近くで住んでみたい・・・
 
 で、昔、日生町に行ったとき、何となくあこがれていたマチ。。

 ラジオとネットで、「移住体験住宅」を知った。
  申し込むつもりで、1月に下見を兼ねて、久しぶりに日生に行った。。。

 昼食を食べて、美味しさの余韻を残しながら、現地まで歩いてみた。
   昔来た時に会った「市場」が移動したことも知った。
20190108 (5) 20190108 (4)20190108 (1)20190108 (2)20190108 (3)



 美味しさも手伝って、「体験住宅」を申し込んで、今回3月に、しっかりと現地を歩かせていただいた。ありがとうございました。
 
 ***仕方のないことだが、「道」が狭いのが自分たちには、一番のネックかなと・・・

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

ブログ名変えました!

《篠山スマイルくん》の『丹波篠山』気まぐれガイド

  ブログ名で楽しんできたのですが、2019年に和暦も変わることですし、ブログ名を変えてみました。よろしくお願いします。

 ちなみに他のブログを紹介します。」」
  最近、無料のブログがどんどん閉鎖されているので・・・



テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

『地方門(じかたもん)』に罪はないのだが・・・ココは「大手馬出の跡」

何度目かの移築

それぞれ、その時代の要請で、移築の場所が決まったのかと思うのだが・・・・・

貴重な歴史遺産であるにもかかわらず、何とも不思議な経緯をたどっている。

  今回は大幅な修築されたが・・・

やっと、落ち着いて見えるのだが・・・

2017-10-11 012 (448x336)


春のころ、篠山城跡三の丸から見て

2017-05-12 002 (448x335) 


ブログ2016.12.28:『数奇な運命:篠山の「この門」:地方(じかた)門』 http://sasayamaguide.blog.fc2.com/blog-entry-809.html

 

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

米麹作って、黒豆味噌仕込み

三度目にやっと満足!
 『米麹
DSC09950 (448x335) 

一度目は、マァ失敗。
 手引書では40度にならないように、乾燥しないように、温もってきたら、混ぜると。。。それなりに実行したのだが、どうも夜間が・・・・

 を通り過ぎて、甘くなってしまった。。。
DSC09907 (448x336) 

DSC09909 (448x303)

洗濯ネットを購入し、そこに入れた。
 「菌=もやし」はネットで買った。
タオルと、電気毛布=専用で・・・・・

反省:米を蒸す前段で、水切りをしなかった
   電気毛布が効きすぎて、高温になった

で、失敗の教訓を生かして第二弾
DSC09912 (448x336) 

DSC09915 (448x335)

蒸し器に入れる前に、しっかりと水切りした。
 半切りを出してきて、熱をしっかり覚ました。
DSC09916 (448x334) 

 適度に冷ましてから、「もやし」を振りかけた。
DSC09917 (448x302) 

DSC09920 (448x332)

DSC09923 (448x336)

DSC09924 (448x329)

高温にならないように、注意深く・・・・
DSC09925 (448x325) 

DSC09934 (448x331)

一応「」ができたのだが・・・・
反省点:もう少し、蒸す時間を長く、柔らかくなるまで・・

更に、三度目のに挑戦。
 蒸し器に直接コメを入れるのではなく、晒を工夫して。。
 しっかり、柔らくなるように。。。
 結果、最初の画像の。マァ良いだろうと!!

いよいよ、味噌仕込み
 酒粕は購入した。
DSC09954 (448x336) 

なぜか、今日は番犬「茶介(さすけ)クン」は(足が立てなく介護中なんだけれど)、立ち上がろうとする。しかも一番感じな時に・・・(笑!)
DSC09956 (448x326) 

指は傷だらけで、は辛い・・・
 衛生面からも、手袋使用した。
DSC09960 (448x330) 

こちらは『三度目の麹』
DSC09961 (448x335) 

こちらは『二度目の麹』
DSC09962 (448x336) 

昨日から水につけていた「黒豆
 水切りをして、蒸し器に。
 晒で巻いて(巻かなくても良かったかも・・・。しかし、巻くことにより、蒸気の加減が良いのかも・・・

 実は、最初、沸騰しすぎて、オーバーフローして、まず掃除をすることになった(笑!)
DSC09963 (448x325) 

それなりに、つぶれるほどの柔らかさになって・・

DSC09964 (448x330) 

黒豆は1キロ。
 麹はたくさんあるので(失敗の含め・・・)
を600グラムとした。

DSC09965 (448x305) 

たらいに取り出し、熱さをとった。

DSC09966 (448x336) 

年に一回だけ使用する貴重な器具!!

DSC09967 (448x336) 

DSC09971 (448x330) 

ココから手に原料が着いたりで、カメラに触れず画像が少ない。

1回目の甘さだけがずば抜けている「麹ではないアミノ酸(!?)」も混ぜ込むこととした。予定では、これを利用してクッキーでも挑戦してみようと思っていたのだが・・・
DSC09968 (448x335) 

ほとんど終わり頃に、一旦手を洗ってカメラ。。
 いつもなら、団子を作る時、柔らかさが足らないので、蒸した時(煮たとき)の汁を足すのだが、1回目の「麹の出来損ない」の柔らかさの影響で、汁を足す量は少なかった。。
DSC09972 (448x336) 

指導書は、投げつけるように入れて、空気を抜くようにと・・・・
 介護中の「茶介(さすけ)クン」が寝ているので、そんな大きな音を立てるわけにいかない。。。
 団子を入れて、手のひらを利用してひたすら押し込んで空気を抜いた。
DSC09973 (448x334) 

まずは、気持ちよく完了。
 周りを焼酎で拭いた。焼酎がないので、琵琶の葉を焼酎漬けしていたので、それを使用した。あらかじめ、焼酎で容器とか、ビニル袋を拭いて消毒もした。

更に、今回初めてのことだが、最後に軽くををふっておいた。
DSC09975 (448x336) 

酒粕で蓋をするが如く塗り込んだのだが、撮影するのを忘れた。。。

ビニル袋空気を抜いて、今回は重しを置いた。ペットポトルを代用。
 これも写真がない。
  --「茶介(さすけ)クン」がドッタンバッタンと立ち上がろうとしてひっくり返り、早く済ませなければと、焦ってしまった・・・・

虫などが入らないようにテープで止めて・・・
DSC09976 (448x325)

記憶力に問題があるため、仕込んだ今日の日と、量をそれぞれ書いて貼っておく。
 床下で袋に包んだまま一年は寝てもらうことになる。。。
DSC09977 (448x328)  

終わったのは14時頃だった。
 遅い昼ご飯を、一人で食べた。ア、、「茶介(さすけ)クン」が睨んでいたが・・・・

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

「さわら」と「ひのき」  大書院で

篠山城跡にある「大書院」。
 2000年に復元された。
  昭和19年に失火で焼失したもの・・・
 焼失当時は瓦屋根であったが、建築当初は「木」の屋根。
 2016-10-04 002 (448x336)

 「杮葺き」=こけらぶき
  木を薄い板にして10数枚を少しづつずらして重ね合わせて貼っていく。
 大書院の場合、厚さ3ミリで36㎝×13㎝の板を15万枚。 

 復元した篠山城・大書院の材料は『さわら)』の木。
  --この字が興味深く、調べてみたが・・・・
   「甚」に「木」を意味させて『』・・よくわからない。
 [意味] あてぎ。木をわるとき、下におく台。 きぬた。衣料をたたくとき、下にしく石の台。 くわの実。 さわら(サハラ)。木の名。ひのき科の常緑高木。葉はひのきに似ている。材は桶オケなどをつくるのに用いる。    甚 [意味] ある事に深入りしている。また、ひどい。 なに。どんな。
ヒノキ科の常緑大高木。山林中に自生し、高さ30~40メートル。樹皮は灰褐色で、縦に裂けてはげる。葉はうろこ状でヒノキに似るが、先がとがる。4月ごろ、紫褐色で楕円形の雄花と、黄褐色で球形の雌花をつける。庭木にし、植林もされる。材は耐水性が強く、桶や建具に用いる。さわらぎ。


亡くなった母親が、『のお櫃』を好んでいたと、妹が言ってたことを思い出した。


ともかく、「」と「」を比べてみた。


  葉の裏に特徴があると、ネットの写真で見て、ホンマ物を見ようと朝ちょっと早く出かけた。


  篠山城跡二の丸に河合元文化庁長官が植樹された一本のの木

2016-10-04 003 (330x448) 


2016-10-04 004 (2) (337x448)


2016-10-04 007 (448x336) 


 の木もあるのだが、枝が高くて葉が近くで見れない。。。

  「春日神社」の森に「」があった記憶がしたので、そちらにも行った。

   ちょうど手ごろな高さに枝があり、葉を観察できた。

 

 2016-10-04 051 (448x323)



 まず、
2016-10-04 060 (330x448) 

2016-10-04 060 - コピー (331x448) 

〔Y〕の字に見えるのが「ひのき」。

2016-10-04 054 (336x448) 

2016-10-04 056 - コピー (336x448) 

〔X〕に見える。これが「さわら

ちょっと面白いなと、一人喜んでいます。

テーマ : 丹波篠山
ジャンル : 地域情報

プロフィール

茶介

Author:茶介
【《篠山スマイルくん》の『丹波篠山』気まぐれガイド】のブログ名を2019年から変えました。
是非、篠山においでください。

カテゴリ
検索フォーム
参加していますので、良かったらクリックしてください!
最新記事
おいでいただき、ありがとう
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR